上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.14 壷の壁 再び
またまた壷の壁に戻って開花記録。
鉢の並びを殆ど変えてないので、だいたい咲く位置が決まっています。
それでも年により生育の好不調が出て、
咲く順番が違ったり、花型が少し変わったりしています。

チェリー・リップ 'Cherry Lip'
今年も元気に咲き続けています。
そういえば、この品種が発売になった年にもう2つ優秀な品種が発売されました。
ストロベリー・キッスとキングス・ドリームです。
このふたつは農水省に品種登録されています。(2009/2/24)・・・??(今年? んん!?)
なのに(一番出来が良いかもしれない)このチェリー・リップの名がありません。
どうされたんでしょう?生産者(春日井さん)にはなにかお考えがあったのでしょうか。

CherryLip0608.jpg


クリーミー・ピンク 'Creamy Pink'
葉陰に咲いています。
日向に置いてしっかり日に当ててやれば、名前のとおりクリーム色になるのですが、
今の置場は日照不足です。発色が濃くピンク味が強めです。花形は良し。

CreamyPink_2009.jpg


Mパープル濃赤紫
花型が崩れました。花が細いし、小さい。多分、根の状態がよくないのだと思います。
冬越しの間に根腐れを起こしやすい系統があるようで、
テキセンシス、グラウコフィラ、レティキュラータ、クリスパのデリケートなタイプなどは要注意です。
高温期に入ったらぐんぐん回復するでしょう。それまでは養生です。

Mパープル濃赤紫_2009


M赤紫
Mシリーズの比較的初期の品種。生育旺盛、剛健で花つきすこぶる良。
赤紫の中でも赤味のほうが強く感じられて、よく目立つ花です。

M赤紫2_2009


ピッチェリ赤紫 'MatsuoEngei pitcheri_01'
つい何日か前にこれの昨年の花をあげましたが、全く変わりなく今年も同じ色で咲きました。
同じ支柱に同じように蔓を這わしています。
花数はぐっと今年の方が多く、古葉はウドンコになりかけながらも、旺盛に蔓を伸ばし新葉を拡げ、
まだまだ咲く気で蕾をあげています。

MatsuoPitcheri02_2009.jpg




Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/208-9bb356ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。