2009.06.06 壷の合間に
壷開花の記事に埋もれそうな花たち。
今日はそんな花たちをいくつか。


ベティー&トレボー Betty & Trevor
ルーツを辿ればまあ親戚筋でもある訳です。
花型が乱れていて、画像としても出来が悪いですけど。

BettyTrevor.jpg


こちらベティーの集合 Betty Corning
去年の残り苗4.5号を2株一緒に地植えにしました。
花の柱になるかと期待しましたが、なかなかそうはうまくいきません。
地植えには地植えのサバイバルがあります。
狭いのだから仕方が無い。密植は我家の宿命です。

Betty Corning0529


カルーレア・ラグジュリアンス Caerulea Luxurians
この種名の Caerulea は「青い」という意味です。それも「濃い青」のニュアンス。
どこを見て青いと言ったのか首を傾げたくなりますが、
恐らく仲間のアルバ・ラグジュリアンスの「白」との比較なのでしょう。
それにしても、青くはないけどなぁ~。

Caerulea Luxurians2009


アリョヌシカ Aljonushka
撮影のタイミングを外しているうちに先端の花が終ってしまい、腋芽の花が咲いています。
インテの木立性ですが背が高くなるので支柱の長さを超えて、どうしても横倒しになってしまいます。
(デュランディにも同じことが起こります。)
倒れて咲くと花の向きが曲がるので、切花にはとても使えないことに・・・。

Aljonushka2009.jpg


トリテルナータ “ルブロマージナタ” triternata 'Rubromarginata'
「ルブロ」+「マージナタ」は、「赤い」+「縁どりを持つ」という意味で、
この花の特徴を正確に表しています。
フラミュラの仲間ですから、アロマチカやセンニンソウの系統です。
すごく丈夫で、蔓延ると言っても良いほどの生育旺盛さは、
山に植えたらそのまま野生化しそうです。(勿論そんなことはしませんけど!)

triternata Rubromarginata_01

triternata Rubromarginata_02







Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/203-2db0bd8f