上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.30 壷の壁 近況
ビオルナ viorna が咲き始めました。(画像は少し光量不足ですね。)
内側が白(薄いクリーム色)。
交配品種の派手さや濃さとは一味違って、シンプルな原種の美しさを味わえます。

今年はボリュームを増やしたくて、及川さんから新たに2株入れました。(こちらはまだ未開花)

vioruna0529.jpg


どうやらこの先私は、品種を絞って同じもの(たぶん原種)を何株も持つ、という方向に進みそうです。
最近の苗の買い方や殖やし方に変化がでてきたような気がします。
勿論話題の新種にも興味はあるんですが・・・。

絞っていく先はきっとこれだなという確信めいたものはもう感じています。
飽きがこないといえば原種に限ります、きっと。
個々に変異があろうと、どれも同じであろうと、圧倒的ボリュームで咲き競う姿に憧れています。


ところで、再掲ポンパドール・ピンク Pompadour Pink です。
並べて見ると、やはりポンパはビオルナの変異種だと思えてきますが、いかがでしょう。

ポンパドールP-0529



今日の庭に咲いている花をいくつか。
テキセンシス texensis
蔓の誘引がいい加減だったため支柱にうまく登れないでダンゴ状態。
おまけに支柱の向こう側が東なので、花がみんなあっちを向いてしまいました。
午前中の日照を得るにはこうするしかないもんで・・・。

tex blossam


スカーレット Scarlet
今年はかなり花数が増えています。蔓も太い。
やはり1年育てるとそれだけの違いにはなるもんです。
去年4.5号で入手して植替えようとしたら、根があまりに少なく4号に楽々入ってしまいました。
この春5号に植替えての好調ぶりです。

Scarlet2009_20090529084453.jpg


カイウ Kaiu
手持ちの古株が8号になるので、更新用に小苗を買っておきました。
挿木は簡単そうだった(たぶん簡単?)のですが、うまくいきませんでした。
自分で言うのもナンですが、相当下手ですので・・・。買ったほうが早い場合もあります。

Kaiu2009.jpg

Kaiu0529.jpg

白い壺型なら交配した結果が目に見えやすいだろうという勝手な前提の下に、
赤い壷、青い壷、ついでにヘンダーソニーなんかと合せてみるのですが、
未だに結実したためしがありません。
こりゃあ、きちんと指導者について教わらなきゃ素人細工じゃだめですね。



篭口 Rouguchi
どうしたらこんな凄い作品がうまれるのでしょうか。
品種登録された時、インテグリフォリア×レティキュラータの交配であることを公表しておられます。
組合せが判ったとしても同じものが造れるかどうかはわかりません。
今はただ小澤さんの名作が我家の庭にあって咲いてくれていることを喜びたいです。

篭口2009


濃色バーシカラーと這沢 versicolor & Haizawa
バーシカラーには色の濃いのと薄いのと2系統あります。特に区別はされていません。
開花株の販売があれば確認できるでしょうが、
通販では偶然に手に入れるしかありません。(選べないのです)
初めは土のpHなどの影響かと思っていましたが、発色は個体ごとで固定しています。
ウチには3株ありまして、2006年湘南さんから入れました。うち1株が濃色です。
つまりひとつのナーサリーのなかで最初から混在しているようです。

這沢も小澤さんの名作のひとつです。
毎年このようにバーシと並んで元気に咲いてくれます。

濃色versicolor這沢



Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/199-995cd305
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。