壷系がさらに咲き進んできました。
今年の新顔にも評価できる良花が出そうです。

クリスパ O-02 crispa
O-01が☆になってしまったので、いつまでも O-02と呼ぶのはどうかと思いますが、
適当な名も思いつかずズルズルと・・・。
及○クリスパの特徴どおりです。この生産者さんのクリスパは殆ど変異がありません。
オープン交雑が起こらないようにしっかり対策をしているんだなと感じられます。

Oikawa crispa2009


スカーレット texensis 'Scarlet'
去年貧弱だったのが、今年は春から太い蔓を精力的に伸ばし、とても元気です。
今年はなんとか充実したタネを採りたいものです。
去年は晩夏からタネ採り体制に入りました。それがよくないのかな?
春の花なら結実するのかも・・・。

Scarlet2009.jpg


ピッチェリ pitcheri GLC Type1
ピッチェリ実生のType1も咲き始めました。
先に咲いたType3と同じ花色であることを再確認。
親と違って紫色が強いこと。内側に着色がないことなど、親とは相違があります。

Type1_2009.jpg


ラベンダー・アディ addisonii 'Lavender'
昨年が初開花で、ちょっと珍しいラベンダー色であることがわかりました。
未開花の苗は稀にこういうサプライズがあるので、やめられません。
今年も同じ色で咲いていますので、固定していると見て良いでしょう。

Lavender addi2009


ポンパドール・ピンク Pompadour Pink
ビオルナの色変わりだと去年から言い続けております。
花型からは十分ありうるし、花色はピンクという名ではあるけど、実際は淡赤紫。
プロトタイプのビオルナの色からの変異としては予想される範囲内です。

ポンパドールピンク2009


新顔を紹介。
淡いピンクのグラデーション。小粒の花ですが、実に優しい美しい花です。
これには何かふさわしい名前を考えようと思います。
久々に出た私好みの端麗小品。

new M21_01

new M21_03

new M21_02

ということで壷系の開花、まだまだ続きます。
次回はもう一つの新花をUPします。


Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/192-74320bb1