ビチセラ系の画像をいくつか。
開花のタイミングが揃っている訳ではないので、折々の撮り貯めです。
パテンスに代表される平開咲きの端正さとはまた一味違う、さざめきの美しさが持ち味です。


ロマンチカ Romantika
深いビロード光沢の暗紫色。
後で出てくるミケりテもそうですが、この質感と色調(濃い暗色系)は独特です。
元の色が濃いので若干褪色しても、さほど気になりません。

Romantika2009.jpg


プリンス・チャールズ Prince Charles
涼やかな淡紫=時間によって青みを帯びたグレーにも見えます。
(フライで言うブルー・ダンのカラーに似てますネ。)
横向きに平開するのはビチセラならではの趣向ですので、
フェンスやトレリスなどに這わすと見事に映えます。

Prince Charles2009


マーゴット・コスター Margot Koster
いかにもビチセラ系らしい花型で沢山の花をびっしりと咲かせます。
蔓も激しく伸びますので、正直鉢植えで管理するのは難しい。周囲を巻き込んで暴れます。
地植えにできるものならそのほうが良いですが、四方へ蔓を伸ばしますので、
そのスペースを確保しないとそりゃあもう大変な事に…。

Margot Koster2009


オレンジ・ギャル Orange Gal
やや小ぶりで四弁赤紫の花。多花性ですので、大株に作り込むと非常に美しいです。
株自体がコンパクトな性らしく、あまり上のほうには登らないように見えますが、
ウチだけの現象でしょうか?

Orange Gal2009


ホーゲルビー・ホワイト Hagelby White
白のビチセラと言えば、アルバ・ラグジュリアンスとこのホーゲルビー・ホワイト。
原種カンパニフローラを入れても僅か3種しかありません。
意外に白は少ないものです。
ビタルバ系、フラミュラ系が圧倒的に白なのと比べると面白い現象ですね。

Hagelby White 2009


ミケリテ Mikelite
暗赤色の四弁(デフォルトが四弁)。凄みさえ感じる存在感。
しかも極めて多花性で、仕立て方で花の柱、花の壁を作ることができます。
インパクトのある強い個性の花ですが、飽きはきません。

Mikelite2009.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/191-8456380e