大輪系の画像まとめて。
開花の記録を残して置くことはとても大事なことです。
頭の中の記憶というのは、年をとると案外当てにならないものですから。

2,3年より以前の記憶がごちゃ混ぜになり、忘れてしまってはいないんだけど、
いつだったのかが思い出せないことが多くなるのです。   ・・・最近とみに!。
それに、いつのまにか消えて無くなっていることに気づかないこともあります。
1年に一回は棚卸しをしなくては・・・。それには開花期が最も容易ですね。 
 
そんなつもりで・・・、 順不同になりますが・・・。


Crystal Fountain クリスタル・ファウンテン
こういう蕾が大きくて重たい花は、だいたい咲くのが遅く、しかし長く咲くのが相場ですが、
今年は非常に早かったです。
カイゼルは走りすぎて、こっちがGWに丁度間に合ったというところです。

Cristal Fountain


Multi Blue マルチ・ブルー
同じく重たい蕾仲間です。八重咲きとか万重咲きとか、準備に時間がかかるのでしょう。
サクラも八重は遅いですから。 ・・・原理は一緒なのかな?

Multi Blue


さのの紫
私的には、ザプレ(ザ・プレジデント)以来の紫の良品と思っておりますが、
紫の質感ではうならせるものがあります。

さのの紫


美佐世
私的にはクレマ入門当時の忘れえぬ花。パテンスの銘花。
柿生とこれがあればクレマチスの早咲きを極めた、というのは大袈裟かな?

美佐世


Perrins Pride ペリンズ・プライド
1987年作出。もう今はどういう経緯でウチに来たのか分からなくなりましたが、
花は中筋のある濃い紫平開の大輪です。
ラベル落ちしたら、もう絶対この名前にはたどりつかないだろうな・・・と思います。

Perrins Pride


藤娘
はじめはそんなに目を惹く花には思いませんでしたが、
気がつくとこんな色調の薄紫~青紫の花は滅多にありませんね。
プリンス・チャールズやパール・ダ・ジュールに似た色調ですが、
これらビチセラ系によくある色の濃淡と花型が暴れる欠点がなく、穏やかに平開します。

藤娘


The First Lady ザ・ファーストレディ
こういう花弁の縁がフリルになるタイプが好きなんですよ。
咲き進むと少し花型が乱れるのが欠点と言えば欠点ですが、
それがこの品種の特徴とも言えて、むしろ味わい、趣きなんですね。
なにか癒し系の優しさ(完全無欠の無機質な感じでないところ)とでも・・・。

The First Lady


柿生 
クレマチスの春と言えば、この花なしには済まされません。
日本が誇る世界の銘花。ピンク・シャンパンの別名もよく知られています。
実際咲いているところを見ると、その存在感に圧倒されます。
いまさら品種紹介もないだろうと思うほどの、多分普及度も高い人気品種です。

柿生2009


と、ここまでで一段落とします。
続きはまたあらためて・・・。 今日はここまで。


Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/180-7acf7d08