2009.04.13 紫の上開花
紫の上がやっと開花しました。
例年より少し色が濃く出ているような・・・、気のせいかな。
植替えが効を奏して、今年の新芽には力があるように思えます。

紫の上01

紫の上02


最初に咲く一番花と、剪定を繰り返した夏の終わり頃の三番花(ぐらい)とでは、
同じ株の花とは思えないぐらいサイズが違いうのがこの品種の特徴で、
それでも花着きは極めて良く、沢山の蕾をあげてきます。

何年経っても正体不明で、手がかりが得られません。
いつも引き合いに出す「Clematis the Genus」にも、
まさか「Murasaki-no-ue」では記述はないでしょうが、
それにしても類縁を想像させるものさえ見当たりません。
近縁の Clematopsis (プセウドアネモネ)まで網羅しているというのに、です。

木立性ですがアディソニーのようなか弱さ・脆弱性はなく、
ガッシリとした硬く強い茎で、ダリアかコスモスのような逞しさがあります。


そのほか庭を見回して見るとと既出のアーマンディーの他はペトリエ petriei が咲いているくらいです。
かわいそうに。まだポリポットのままだよ。てへっ!

petriei.jpg



早くもM赤紫の太い蔓にウドンコ?の兆し。

発生するにはまだ気温が低いと思うのですが、このところ好天が続きましたので
予防的に手を打っておいたほうがよいかもしれません。
ただ、今晩から雨らしいけど・・・。



Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/162-b919ca37