今年の初開花はやはりアーマンディ。
ジューンベリーから移り変えたエゴノキも、旺盛に伸びる蔓を支えきれず、
ついにシャワー状態になってしまいました。

armandii 01

armandii 02
なにしろ太く強い蔓で、支えてくれた宿主(?)をしのいで、
どうかするとその宿主を締め上げてしまうくらいの生命力です。

でもその割にはどこを見ても大いに蔓延っている姿を見ないので、
日本の気候に合わないなにかがあるのでしょうか。(中国原産です。)
強勢だった枝が冬に突然枯れ込むことがしばしばありますけど・・・。



さて、この頃「花冷え」とはよく言ったもので、
桜の開花と同時に、気温低下と強風に悩まされています。
久々でしたが昨朝は鉢が凍結し、多くの伸長中のクレマの芽がシバレていました。
今日は好天でしたが風が冷たく、しかも時折突風が吹き、ダメージを受けました。

準青軸
多くのクレマがどんどん蔓を伸ばす時期ですので、一番よくない現象です。
風によるコスレが原因の生育障害や雑菌感染はさらに数日~1週間後に出てきますので、
果たしてこのままでいけるのか、出直しか?
いまさら消毒しても後の祭り!(冬の消毒もしてないのに!!)

壺の壁2009


壺系のなかにも冬芽がほどけると同時に、蕾を見せるものがいくつかあります。
開花まではあとしばらくですが、蕾を見るとなんだか嬉しくなります。
そのいくつかを・・・。

紫の上
紫の上0327

その子供(紫の上seedling)
紫の上seedling

桃の君
桃の君2009

藤かほり
藤かほり

かほりの君
かほりの君01

かほりの君の腋蕾 (腋芽まで蕾になっています)
かほりの君02

それぞれがうまく咲いてくれることを期待するばかりです。

Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/158-0ae7c15a