雨にかまけていたら、ウドンコがあっという間に出てしまいました。
せっかく伸びテキセンシスの新葉が散々です。

tex0922-01.jpg

tex0922-02.jpg

雨上がりの情景にしばし見入っていましたら、
面白いことに気づきました。
もともとテキの葉は撥水性があるのですが、
ウドンコの発症している部分が親水性に変わっています。
模様のように見えます。

tex0922-03.jpg

殺菌剤(水和剤)は展着剤がなくても病巣に集中的に付着するのかな?
などとたわいもないことを・・・。


葉の上の水玉。
雨があがり強い日射に晒されると、レンズになって葉が焼けるかもしれません。
思わず水滴を振り落としてしまいました。
後から思うと、なんと風情の解らぬ田舎者でございます。

tex0922-04.jpg

tex0922-05.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/112-045ce2b1