2008.09.09 秋の芽吹き
気温が下がってきました。
クレマ達も少し気候が和らいでまた生長したくなるんでしょうか。
盛んに新芽を伸ばしてきました。
秋の芽吹き-01

秋の芽吹き-02

秋の芽吹き-03

秋の芽吹き-04


先端に花を咲かせこれ以上伸びない状態になった蔓は、めだった生長もなく
本来なら剪定の刺激によって芽吹くものですが、
剪定を待ちきれず動き始めています。

気温が下がって、またウドンコ病の活性化する25℃前後の温度域に入る頃、
お彼岸頃? に消毒は欠かせないでしょうね。
この秋には骨粉(今は骨球肥料が重宝)などリンサン肥料を与えます。
秋に新葉が展開し、健康体で維持できれば、来年は株力が見違えるほどに!

普通パテンス系でやる管理方法ですが、
意外なことに壺系でも効果があるんです。
春の芽数が増える、芽が太いなど株力(と呼びたい)を増します。



Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/105-76142b3f