第二期の発生が始まったようです。
果球の食害が目に見えて増えてきました。

果球の上にこういうネットがかかっていたら、まず間違いなく食害を受けています。
食害痕-01

このように果托をかじってしまうので被害は果球全体に拡がります。
育ってくると殻をくりぬくように中のタネを食べてしまいます。
食害痕-02

食害痕-04

せめて被害が部分的なうちに処置しようと、
変色している部分を取り除いてその隙間に殺虫剤をスプレーしてみました。
(虫が写り込んでいますので、嫌いな方は拡大しないで・・・)
食害痕-05

とても間に合いません。
殺虫成分が樹液となって全体に巡り、食べたら死ぬような薬でないと退治できません。
そんなキツイ薬は市販されていませんので、
悔しいですが捕殺しかないようです。

タネ採りのほうもつい採り急いでしまい、若採り気味に走ってしまいそうです。



気分なおしに、グラウコフィラ。
腋芽から伸びて久しぶりの開花です。
glaucophylla0907.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/104-f1ad076b