2016.08.09 熱暑の放置庭
立秋が過ぎたのでもう残暑と言わねばならないのに
なんだこの異常な暑さは!!!!

今季は交配計画も栽培棚の維持管理も全部いい加減で、
栽培意欲がまるで湧きません。
立ち枯れなんだかまるっきり枯死なのか
全身茶色になって果球も未熟のまま黒変しているもの続出。

潅水しても鉢が乾かないのは危ない。
全体の様子はまだ判らないけれど、
相当数が枯れたか作落ちしているようです。

とにかくこんな通路のような小庭でも
昼間に外に出るなど思いもよらない状態で過ごしております。
皆さまお元気ですか。

敷地の構造上寒冷紗が張れないので露天は厳しい。
それでもなんとか西日を防ぐくらいでやってきましたが
今年は生存の限度を越えている気がします。



今日何気に目について撮った画像です。咲き残りの花も少々。


ド根性実生0809
ド根性実生

除草シートを押さえている薄型レンガの隙間から生えております。
何なのか判りません。
我家のことですからまず凡そ壺系かとは思いますが
今まで棚下や庭木の株元に播き散らした壺系で発芽したのは皆無ですので
いまいち自信が持てません。

位置的にはローズアーチのすぐ横で
毎年その真上に伸びているのはカイウ、踊場、カンパニフローラ。
この中でまともな種子ができるのはカンパニだけ。
こぼれ種の可能性はゼロではありません。




ピッチェリ赤紫実生-01
ピッチェリ赤紫実生-01
今春鉢上げした実生群の中から開花しました。
リップが濃色のタイプ。




ピッチェリ赤紫実生-02
ピッチェリ赤紫実生-02
01と兄弟株です。
こちらはリップがボディの内外ともオール同色のタイプ。

このように簡単に個体変異が出ます。




ラベンダーアディの果球
ラベンダー・アディ果球
アディソニーですが花色がラベンダーカラーの個体です。
もともとアディソニーのタネはサイズが大きいのですが
このラベンダーアディのタネはそれがさらにふっくらとしています。




普通のアディソニー果球
こちらは普通のアディソニーの果球
サイズはやはり大きいですが膨らみ加減はおとなしい。




ボルドーの壺0809
咲き残りのボルドーの壺
褪色してかなり赤っぽい。
この時期は高温のためか花の傷みが早く
2~3日で咲き終わってしまいます。

なのにすぐに果球を作るので株がますます疲弊します。
摘み取ってやらねばいけないのにね~!
放置してます。