上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大変暑い日が続きます。
また次の台風が近づくらしいですが、
進行方向の予想角が広く絞り込めていません。

OPの採取はほぼ終了しているのでこれからは交配種が中心です。
人工交配の果球をいつ採種するのか
早採りのタイミングを計りかねておりますが、
本格的人工交配の初年度としてはまずデータの集積が大切と考え、
授粉後45日を基準採種&播種日として発芽までの日数・発芽率を
調査することにしました。





採種0726
45日目を迎えた交配果球をリストで確認しながら摘み取り
茶こし袋を開くのが楽しみです。




黄金色に輝く0726
及川ビオルナ淡色×スカーレット

種の殻のひげ(元めしべの花柱)に生えた微細毛が黄金色に光ってきれい。
思わず見とれてしまいました。

このひげ(正確には何と呼ぶか知りません)は品種によって
長毛だったり短毛、微細毛、羽状だったり、全く無毛だったり様々です。
種の識別に使えそうですがAmerican Bellsでも取り上げられていません。




ヒゲを切った果球
ひげを切った果球

バラしたタネ
バラしたタネ 16粒
小さめの果球でも1ポット分には十分な粒数があります。


こうして本日採種分は無事播種完了。
つづいて日課の花殻摘み。見逃して果球になったのも摘み取ります。




長いひげの果球
なかには異常に毛足の長いひげの若い果球がありました。
長いですねぇ。




一歩下がって日光直射下で撮ると…
手元だけ日光直射
ハレーションのせいで線香花火みたいですねぇ。
・・・遊んでます。




ヒゲの比較
グラウコフィラの若い果球(右)と比較
左はレティキュラータ・レッドの果球でした。




摘み取った花殻・果球
2~3日サボっただけでこんなに果球が採れました。
一見勿体ないようですが、これをしないと果球に養分を取られて次の花が咲かない、
株が疲労する、果球目当てに害虫がやってくるなど
シーズン後半がボロボロになってしまします。

壺系はまだまだシーズンが続きます。
盛夏でも人間はへタレていますが壺はまだまだ咲き続けます。
今季はウドンコを完全に抑えているのと採種中なので剪定もしていません。

今年は秋の種採りをしないのでもうバチバチと摘み取るだけです。








スポンサーサイト
2015.07.21 実生苗棚拡張
その後台風は隣県を北上して去りました。
雨も風も思った程のことはなく却って当て外れ?!

翌日から暑い中を保護ネットの撤去をしました。暑かった!
たった2日なのにもう蔓がネットに巻き付いていて、
いっそ8月までこのままにと思いかけていたのですが
大変なことになるところでした。

その作業中急に思いついて
実生苗用の棚の拡張をすることにしました。



原型は5月19日の記事に書きました実生苗の棚です。(画像はこちら
この構造でもう一列増設しようというわけです。

あまり費用をかけたくないので見た目にはこだわらず
手持ち資材と足らずはダイソーで調達のケチケチ作戦。

最初の原型は天井のメッシュを支えるのにガレージの柱を借りましたが
今回は完全自立型で組立ました。
設計図なしのフリーハンド工法でもなんとかなるものです。

結束バンドと支柱クリップのお陰で工作が楽で強度が期待以上。
縦柱の固定、梁支柱の固定が堅牢で全くグラつきません。
天井のメッシュ板も構造の補強に役立ちました。




追加工事の実生棚
美しくはないですが、ブサイクでもない程度で完成。
苗を並べてもつれた蔓を一鉢づつ誘引しました。
短い方はプラパイプ支柱60cm、長いのは同120cmです。
苗の伸びに応じて付け替えます。




最初の実生棚
ちなみにこれが現在の実生苗棚初回作

やっぱりまっすぐ上に伸ばすと開花が早いです。
側枝が伸びてボサボサになるので誘引が欠かせませんが、
横に這わせている時より生育が断然違います。

欠点(?)は立ち枯れになりやすい。…?
あるいは立ち枯れになったのが目につきやすい…のかな?

仮設のはずのガレージ内の苗置場が常設になりつつあります。
これでは2台目が入れにくいと文句がでそうだなあ…。



2015.07.16 台風近づく
台風11号が17日直撃コースで進んでいます。
速度が遅いので少しづつ接近時間がズレてきていますが
暴雨風圏のセンター円の中に入るのはまず間違いなさそう。





台風対策1
昨日のうちに蔓ものネットなどを買い込みました。
支柱に蔓が絡んで移動できない大鉢・中鉢に棚ごと被せて
鉢の転倒と支柱列の倒壊を防ぐ目論見。




台風対策2

台風対策3
茶こし袋の交配果球がどっかに飛ばされる不安もあります。
でも個別の手当はとても無理。




台風対策5
小苗のトレーは集めてガレージにベタ置きしました。
播いたばかりの実生トレーもガレージに避難させました。
ブルーシートは強風に煽られて却って危険と思い、
極細の園芸ネットを緩く被せています。




台風対策4
寒冷紗(西日よけ)は撮影後にやっぱり巻き上げることにしました。
でも開花中の実生苗が強風に直接晒されるのが気になります。

クレマチスの心配ばかり。トマトはどうしようもない。
後は資材や雑具が飛ばないように束ねたり縛り付けたり。





Green Tip 0716
pitcheri  'Green Tip

graucophylla0716.jpg
graucophylla

texensis0716.jpg
texensis

作業を終えた10時半でもう時折突風が吹きます。
花の撮影は手振れ補正機能付きでもブレまくり。殆どがボツです。




6月29日交配0711
6月29日交配のSwedish Bells 果球




今後は自作実生の世界に進むと宣言し、
今年は本気で人工交配作業に取り組むことにしておりますが、
交配は6月で終了。7月からは採種と播種がメインになってきます。
若採りの直播き(採り播き)で発芽までの期間短縮を狙います。


前回若採りの話からアブシジン酸の記事を予告しました。
アブシジン酸(アブシシン酸) abscisic acid は
植物ホルモンの一種です。

昨夜は久しぶりに植物ホルモンの本を読み返しておりました。
今まではジベレリン(種子の休眠打破・発芽促進)、
オーキシン(発根促進・生長促進)や
サイトカイニン(細胞活性化)に関心が偏っていましたが、
改めてアブシジン酸に着目して目から鱗が落ちております。


端的に言うと発芽抑制物質と呼んでいるものの正体です。
(それ以外にも作用は色々ありますが今は置いといて、)
若採りも、殻剥きZIPも、ジベレリン処理も
アブシジン酸を避ける・減少させる・不活性化する、
みんなそのための処方です。

普通に播くと発芽に1年以上かかるのは
殻に発芽抑制物質があるからと言う説があります。
当たらずと雖も遠からずで、
正しくは殻にではなく、種子の胚の中にアブシジン酸が生成・蓄積されて
休眠状態を保つ仕組みであることが解っています。

構造や生成は複雑でややこしいので略しますが
胚が活動しようとすると抑制的に働く仕組みになっていて
やがて分解するまでタイムスイッチのような働きをしています。

<余談>
生きた胚珠に含まれていて水に不溶性なので
ZIPで密封する水は界面活性剤(例えばサポニン)を微量加えるか、
エタノールには溶けるのでごく微量加えて撹拌し、
頻繁に水を換えるってのはどうでしょうか?
(これはただの思いつきで保証の限りではありません。)


0503青い挿穂の霞の君0711
2か月を経過してまだ挿し穂が青い霞の君
 画像は本文とは無関係です。(文字ばかりでは殺風景でしたので…)



アブシジン酸は植物の水分コントロールにも関わってますが、
果球が熟した後水分を断って乾燥の過程に進む頃には
胚珠への蓄積は完了している(=種子は休眠に入る)と思われます。

従って蓄積が始まる前に未完熟で採り播くのには一理あります。
ただそのタイミングがまだよく解りません。

若採りの採り播きは早い段階で果球から外して
土の中で数週間アブシジン・フリーで追熟させるイメージ。

果球が僅かでも黄色くなる前に採種した方が良いかもしれません。
未完熟採種の適期は実はもっと早いような気がします。
授粉後2か月は遅すぎたかも。

このあたりの加減は経験を積んでいくしかないようですね。



<補足>
未完熟種子を殻剥きすることはおススメできません。
 種皮が柔らかく胚珠を傷める危険性が高いです。

繰り返し言うようですが
アブシジン酸はそもそも殻には含まれていないので
 殻剥きではアブシジン酸を除去したことになりません。
 ZIP播きは種子を常時水漬け(吸水した状態)に保つのが目的。

吸水した胚は自身が持つ加水分解酵素の働きで
 貯蔵養分を糖(エネルギー)に分解していく。
 それを阻害するのがアブシジン酸。
 促進するのが胚自身が生成するジベレリン。
 このせめぎ合いによりアブシジン酸が徐々に消耗=減少する。
 ジベレリンが優勢になって発芽が始まる。と考えられています。


<参考>
講談社 新しい植物ホルモンの科学 小柴共一・神谷勇治 2002



2015.07.10 採種の続き
さすが梅雨です。連日雨で作業が進みません。
ちょっと晴れ間が出ても長続きしません。
予報では曇りでも短い時間しとしと降ることも多く
消毒した日と翌日が何とか降らなかったのは助かりました。

昨日は日中は日が射したのに夕方から雨でした。
その隙に採種の続きを少し進めました。

交配種子は6月11日から29日にかけて本格的に授粉をしました。
やっと1ヶ月になったばかりなのでもうしばらく様子を見ますが、
OPは意識して初回より早めに採種を心掛けることにしました。





グラウコフィラ0708
グラウコフィラ
なかなか結実しない原種ですがまだあと幾つかは採れそうです。
今年は今迄で最高の数の花が咲いたからでしょうか。
まぐれ当たりの数も多い。



他愛ない話ですが、
初回は種を果球から外してからヒゲを取りましたが、
果球のまま先にヒゲを切ると作業が何倍も楽になるのを突然発見しました。

いつもは完熟種子でつまむとパラパラと剥がれるから
気がつかなかったんですよね~(汗)

先にヒゲを切ると何倍も楽
これは楽ですね。一人喜んでいます。



ヒゲを切った後バラバラにする
これくらいの熟度でも遅いのか?(早過ぎるとは思えないです。)

結果がどう出るか観察してデータを取りたいと思います。
なんだか発芽競争のような趣向になってきました。


人工交配の方は6月29日までに20パターン26個の交配を済ませました。
開花直前の蕾を切開して即授粉した雌蕊が一つ残らず受精して
26個の立派な果球に生長しています。

発芽能力のある種子が採れて苗に育ってナンボではありますが、
一応果球が順調に育っていることをまず喜びたい。
生意気ですが雌蕊先熟であることを証明できた気がします。
48時間常温保存花粉でもOKだったのも発見でした。






2015.07.08 採種開始
今シーズン最初(5月11日)に交配した果球が
ほぼ2か月経過したので採種することにしました。(7月6日)
同時にOP着果の内から少し色に変化が見えそうな果球も採種しました。





霞の君交配果球0706
霞の君×チェリー・リップ
茶こし袋から出した状態。2個とも良好です。




霞の君0706
果球から外し、ヒゲとシイナを取り除いた状態。

意外にも種子が既に黄変し始めていました。
果球の状態では全く気づきませんでした。 これは…! うーん!!
思ったより成熟が進んでいます。(未熟種子とは呼べないかな?)




3、5号のビニポットとトレー
今回用意した若採り専用の実生ポット+トレー

経費を抑えてビニポットを使うことにしましたがそのままではペラペラ。
柔らかすぎて用土が安定しないのがとても気になりましたが、
ポットを買ったHSでジャスト3.5号用のトレーを見つけて即解決。
ポットをしっかり固定できて土が動かずとても具合が良いです。
100均の鉢底ネットも3.5号の角底にピッタリ。 ラッキー!




玉かずら0706
玉かずら や

チェリー・リップ0706
チェリー・リップ も

本日の作業ここまで0706
この日(7月6日)の作業はここまで。
翌日から雨続きで作業がストップしています。


初回の作業をしてみて解ったこと・思ったこと。

若採りの目安が授粉後2か月では遅いかもしれない。
 果球から外す作業も意外に簡単。パラパラとすぐ取れる。
 予想以上に熟度が進んでいる感じだった。

OPは受粉からの日数が正確にわかっていないので要注意。
 果球の外側からでは黄ばみ始めているのが判らない。
 少々若すぎても遅いよりはマシかも。

若採り播種は小型ポットで採種日ごとに播く。
 大量に播いたり、熟度が違うものを混合すると発芽時期が揃わない。
 早く発芽した苗も後から発芽する苗に合わせることになり結局鉢上げが遅れる。
 (実生床から1本だけ掘り出すのは現実不可能)


若採りと早期発芽については機会を改め、
植物ホルモンのアブシジン酸の記事にまとめようと思っています。




ここ数年長期備蓄の薬剤を使っています。
一般的な農薬・園芸薬の有効期限は製造日から4年とか。

薬効成分の変質や分解の主な原因は、光(=紫外線)、温度(=高温)、
空気(=酸素)、水分(=湿度)などです。
保存さえ良好であれば4年以降でも使えなくはない。


IMG_4944.jpg

勘違いしないでください。
有効期限を過ぎたものはメーカーは廃棄するよう薦めているので、
あくまで自己責任での話。勿論無期限に有効のはずもない。
(決して私のマネをしないで下さい。…と言っておきます。)



なのになぜそんな話をするかと言うと、
最近になって園芸店やネット通販の薬剤のリストを見ると
バイレトンなど昔から馴染みの薬剤が次々と姿を消しています。
買うのに印鑑がいる殺虫剤のカルホス乳剤、ダイシストンのほか
ディプテレックス、殺菌剤ではサプロール乳剤も。
挿し木でお馴染のオキシベロンも1.0がなくなり今は0.5だそうです。
(それも最近品切れで在庫のある液剤を注文しました。液剤は変更なし。)

古い薬が今の環境基準に合わなくなって禁止されたのかと思ったらそうでもない。
製造中止になったけど販売中止ではない。
なにそれっ!!在庫があるうちは売ってるんだって! どういうこと?


不思議に思って
農林水産消費安全技術センターのHPの登録・失効農薬情報を見ると見ようとすると、
その一覧が物凄い数で分割掲載の最新ページだけでも気が遠くなる程です。
(せめて失効年月日順とか製品名の50音順とかにソートできるようにして欲しいなあ)

こんなに薬剤の種類と製品に種類があることにまず驚き!。
そしてなぜこんなにも製造中止になる製品が多いのか理由も判ってきました。


農薬は3年ごとに登録を取り直すことが義務付けられており、
それには薬効・薬害・毒性・残留性について膨大な試験資料を提出しなければなりません。
莫大な費用がかかるのです。
そのコストが販売量(売上=利潤)に見合うかどうかが登録更新の重大な判断になります。

つまりバイレトンなどは「経費をかけて更新しても儲けが出る見込みがない」ので
登録更新しない⇒製造をやめるのパターン。
薬害があるとか効き目がないとかの問題ではなかったのです。

オキシベロンの1.0(1%含有粉剤)をやめて0.5(0.5%含有)に切り替えたのも
主成分の原価を半分にして収益率(儲けの比率)を上げたのだろうと
勘ぐりたくもなります。

それでも市場には夥しい数の薬剤が販売されていて競争が激しい。
農水省の規制も厳しい。たくさんの薬が3年後の更新に耐えきれず製造をやめる。
これが現在の農薬事情だったのです。


周囲に与える影響が少なくて効き目は強力かつ効果が長く持続する
(結果的に使用量・回数が少なくて済む)しかも安全な薬剤が理想です。

しかし現実はひとつ間違えば人命に関わる薬でもあるわけで
(今でも憶えています。石灰硫黄合剤が販売自粛になった時のことを)
使用する私たちも薬剤の知識と環境に配慮する意識を
常に持ち続けなければならないと強く思います。

手持ちがなくなった時に何を使えばいいのかそれも調べておきます。
(4Lの噴霧器に2000倍液で1回2g バイレトン100gで50回分
 薬効が落ちなければ 一生かかっても使い切れませんけど…)




2015.07.02 もう7月の庭
7月になりました。1年が速いですね。
壺系を栽培する者にはまだまだ忙しい季節です。
シーズン真っ最中ですから。
ということで昨日~今日の様子など。


6月12日に消毒してから3週間も開いてしまいました。
まだ消毒は欠かせないのですが雨に遮られて…。
今のところ目立った発症はないですが油断はできません。

門扉の横にトマト(アイコと桃太郎)を植えていますが
これにウドンコ病が出てビックリ。
食用なので今まで薬剤は一切かけておりませんでしたが、
どうにも堪らずトマトだけストロビーを(殺虫剤は併用せず)散布しました。
クレマチスは改めて4リットルのポンプ式で全鉢一斉にやるつもり。



今月から随時早採り直播きを始める予定です。
交配した茶こし袋分は授粉日がはっきり判っているので
およそ2か月をメドにチェックしていきますが、
OPは果球を見ながらの判断になります。

展示会に出したのは戻った時に花を全部摘んで休ませましたので
今膨らんでいるのは少なくとも5月15日以降に着果したもの。
(チェリー・リップ、玉かずら)
それ以外もだいたいそんなもんだったはずで(いい加減な!)
(仰天、グラウコフィラ、レティ・レッド)


2か月というと今月中旬あたりかと思いつつ、
なんだか黄ばんできたような、もう採れるんとちゃうかなと
気ばかり逸ってフライングしそうです。
これ、まだ早いですかねえ?

少し黄ばんだか?-01
 まだ
少し黄ばんだか?-02
 早い



ところで何年ぶりかに蜂の被害が出ています。ここ数年来なかったんですが…。

被害-01

被害-02

蜂襲来
犯人はこいつ。 キアシナガバチ?
赤い花ばかり狙う奇妙な性質も以前と一緒。
外側から齧るので美観を大いに損ねます。

そういえばこの蜂が来る時にはマルハナバチが来ませんね。
蜂にも強弱があるのか、キアシナガはマルハナより攻撃的です。

完全に蜜狙い。花粉には興味なし。
ただこいつが来るようになってから妙にグラウコフィラの着果が増えたような…
そう言えばチェリー・リップもスカーレットも…。??



昨日の雨の日から今朝までの庭の様子です。


雨滴が光るTP4
雨滴が光る Tea Party 4
濃鮮赤が映えます。あ~エエ花やー!。(自画自賛)



雨宿り中のTP3
雨宿りする Tea Party 3
まだ咲き始め。恥ずかしそうな風情…かな?



三役揃い踏み0702
三役揃い踏み
右 ダッチェス・オブ・アルバニー (花弁が内外共にピンク)
中央 プリンセス・ダイアナ (花弁の外側ピンク・内側赤)
左上 サー・トレボー・ローレンス (花弁の内外共に赤)咲き終わりが近い。



STL 0702
別の棚でサー・トレボー・ローレンスの咲き始め。
これらチューリップ咲きの系統は咲き始めが最も美しいと思うのは…私だけ?





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。