何が「ど根性」かというと、
水挿しのカザグルマが発根したという話。

話は、遡ることことしの5月。
過去記事にもありますが、5月の24日にカザグルマの自生地を訪ねました。
その時短い蔓を1本持ち帰っておりました。

ほかの品種の挿し木の時に一緒に処理をするつもりで、
ピッチャーに漬けておきましたが、
灯油のポリタンの陰になりそのまま忘れていました。

既に3か月以上経過しているのに、葉が緑色のままなのが凄い。
そして発根していました。



patens0831_1.jpg

patens0831_2.jpg


この生命力に驚かされます。
野生種はこんなにも逞しいのかって知らされました。
華奢な園芸種とは「生まれも育ちも」違います。

壺専の私がなぜカザグルマか?
山野草マニアだった昔の血が騒いだのです。
自生地探しとか聞くとすぐ行ってみたくなったのです。


ところで、今や絶滅危惧種になっているカザグルマを保護&保存することは、
日本のクレマチス愛好家の義務ではないかとも思うのです。
多くの園芸品種の元になった世界に誇れるクレマチスの原種ですから。


趣味家の一人として悲しいですが、
保護の必要性を訴えて、熱心に啓蒙活動をしたために
却って自生地が荒れたという話はよく聞きます。
そこに自生があることをPRしたような結果になったのです。



生命が一つ生き延びようともがいています。
大切に鉢上げして大事に育てようと思います。




8月半ばなのに、ウドンコ病が発生。
台風や前線の停滞で、短い周期で雨が繰り返し降り消毒がままなりません。
テキセンシス系、アディソニー系とロウグチの発症がひどいです。

ウドンコ病は気温30度を越えると休眠すると習ってきましたが、
雨天の日は30度以下になるのでしょうか。
それにウドンコ病は水が嫌い、葉が濡れていると増殖しないはず
と思っていたらそれでも発症しました。

その中でプチ発見。
踊場は篭口と同じ条件のところに並べていますが、
1株もウドンコを発症しません。
コアクティリスもウドンコには強いようです。
葉も茎もビッシリ短毛に蔽われているので、菌が植物体に着床しにくいのでしょうか。

昨日なんとか雨の間を縫って消毒しました。
久しぶりにストロビー(フロアブル)を使いました。
薬剤は同じものを繰り返し使わないよう、ローテーションを組んでいます。

オンリーワンフロアブル⇒モレスタン⇒ルビゲン⇒ストロビーまで
今年は使いました。
今のところ効果が著しいのでEBI剤(種類も多い)をつい使いたくなるのですが、
薬剤名が違っても系統が同じなら連用と同じですから注意が必要です。




さて、今日の本題。
コアクティリス挿し木苗が生長しています。
今年のうちにしっかりと体作りをして、来季に備えたいと思います。


coactilis20140731.jpg
7月31日

coactilis 20140808
8月8日