2013.07.16 開花記録 補足
高温期に入り、ウドンコ病は一段落。(油断禁物!)
めだった害虫の被害は今年はまだありません。

今月初め頃、アオバハゴロモの白い綿クズが少しみられましたが、
どういう訳か、大発生となる前に第一期は終わったようです。

(お茶さんの記事にありました)メイガも、
今年は徹底的に不要な花殻を摘んだのが奏功した(?)のか、発生していません。

交配した果球はすべて茶漉し袋の中に入れ、
目的外の裸の果球は残らず摘み取っておくというのが、
これからの防除法として有効かもしれません。
カメムシも来ていないところ見ると、エサ(果球)を断つのは最善のセオリーかも!

ただ、まだ7月ですので、楽観は早すぎますね。 ご用心、ご用心。



さて、遅咲き壺型などまだ記録に挙げていない花がいくつかありました。

グラウコフィラ0715

グラウコフィラ0711
グラウコフィラ
春の生長開始(蔓の伸長)は早いのに、花は一般の壺型よりかなり遅い。
茎は太くて剛直。誘引が一苦労です。
少なくともアンドンに巻き付けるのは殆ど困難。

蔓の生長初期に(多少でも柔らかいうちに)こまめに仮止めしつつ、
(1日置き位に)横へ横へと這わせていく、(ある意味の)執念深さがない限り、
とても室内に持ち込むことはできません。

色の取り合わせはテキセンシスに似ていますが、
テキセンシスが緋色(スカーレット)に対し、
グラウコフィラは明るめの臙脂(クリムソン)、落ち着いた赤です。
印象は随分違います。

テキより花弁が厚く・硬く、花型もシャープな感じです。
(我が庭ではかなり昔に消えてしまいましたが)アップル・レッドに近い?
ですが、花も全体もがもっと大きく、性質もワイルドです。

原産地の自生の種子を手に入れたいと長年願っていますが…。




GLC2013.jpg
グッド・ラック・チャーム
遅咲きピッチェリの定番。
いつもは8月に咲き始めるので、今年はこれでも早い。と言いつつ、
環境順化なのでしょうか、年々開花時期が早くなる傾向があります。

独特の花色=パステルピンクは、早く咲くものほど不安定で、
8月お盆頃が最も美しい澄んだ明色のピンクになります。

実物の色を撮るのが難しい品種の一つです。




レティキュラータ0716_01

レティキュラータ0716_02
レティキュラータ・レッド
基本のレティキュラータには花色変異の幅があって、中には赤っぽいのもあり、
レティ・レッドは原種からの選抜…となっていますが、自生地で採取とかではなく、
日本で(…土岐で)、実生の中から発見されたのでしょう。

今年レティ~のラベルで初めて春〇井さんでない生産者から発売がありました。
私も買いましたが、たまたま会のメンバーさんも入手しており、
そちらのは一目でレティと判るやや赤味を帯びた紫の花でした。

私のは花弁の反転が大きい??な花でした。葉も幅広で網目が全然なし。
その生産者に詳しいそのメンバーさんによれば、
輸入苗か、輸入種子の実生育成苗だろうとのことです。
なるほど。

…ともあれ、レティ~・レッドは春〇井さんの専売特許のようなものと
理解しておけば間違いないようです。




テキセンシス・ピンク0715
テキセンシス・ピンク
やさしい、淡い色のやや華奢でデリケートな花です。
花型が必ずしもテキセンシスに似ている訳ではないのに、
何故テキセンシス・ピンクなのか…

それは草姿、複葉の形、葉茎の質感などがテキセンシスとそっくりだから。
花が無い時は見分けがつかないほどです。
(ウドンコに弱いところも似てしまっています。)

販売者が生産者でない場合、よく起こることですが、
売っている苗がどんな花を咲かせるのか知らないことがあります。
ついているラベルでしか見分けようがないからです。

極端な例で、明らかな品種違い(ラベル間違い)であれば、
確認の上交換なり返金なり対処してくれますが、
若干の色違いであれば、売る方も買う方も文句を言いません。

生き物(植物もイキモノです)の取引では、
原則返品不可が商習慣となっています。
取引後のトラブルは、売主の責任か買主の管理の問題か、
またそれが不可抗力かどうか、証明することが難しく、
争っても解決しませんので。

まあそれは良いんですが、
思わぬ拾い物を手にすることもあるって話。




レディバード・ジョンソン2013
レディバード・ジョンソン
テキセンシス交配種系のチューリップ咲きグループの中では最も遅咲きで、
ダイアナやトレボー・ローレンスなどに比べると紹介される機会が少ない。
ですが、この仲間の中では最も濃い赤色に咲く美しい花です。

ご多聞に漏れずこの花もウドンコ病にからきし弱く、
ウドンコ蔓延の中ボロボロになって汚らしく咲いているので、
たいていの人は、健康であればこんなにも美しく咲くことを知らないのです。
もったいないですね。





2013.07.10 早朝作業
一昨日梅雨明けになりまして、
以来猛烈な暑さが始まっています。

元来水はけ重視の用土ですので、乾燥が半端でないです。
あまりの水切れの酷さに、
お湯になる危険も顧みず、真昼の潅水を断行しました。

幸い西日は避けられる環境なので、昼下がりを耐えれば
カーポートの屋根(熱線吸収ポリカーボネート)に守られて
なんとか無事でいられそうです。

昨年までのように寒冷紗を張ることができなくなりましたので、
これから9月までの酷暑が心配です。


ウドンコ病が拡がりかけていましたが、
なんとか薬剤散布が間に合いました。

日中30度を超えていたので慢心していました。
当地では夜間温度なら27度以下になりますので、
夜の風に乗ってウドンコ菌の胞子が飛散していたみたいです。
油断なりません。

特に今年は「霞の君×テキセンシス」の組合せの人工交配実験中なので、
病害虫のシャットアウトは絶対条件です。




いまだ途上ではありますが、今朝の様子です。画像をクリックすると800×600の拡大で見られます。


霞の君0710
霞の君
茶漉し袋に包まれたのが処理中の花。
一番左の袋には一昨日花弁を切り取っておしべ除去した花が透けて見えています。
袋無しで咲いているのはめしべ成熟の観察用パイロット一輪。


第1陣6月6日受粉の花後の様子
受粉成功01
どうやら受粉成功、果球になりつつあります。
何粒採れそうか知りたいですが、まだそ~っと触らずにいます。

受粉成功02
なんかいい感じ!
途中で豪雨に打たれたりもしましたが、影響なかったようです。


第2陣は7月上旬処理ですので採種予定は9月になります。
それまでは何が何でも葉と果球を守らねばなりません。

霞の君とテキの交配で何を目指すかと尋ねられるとしたら、
勿論「赤いモケの花、しかも挿し木で殖やせる…」
夢は大きいほど良い! …道は遠くても。


推論でしかありませんが、
霞の君は coactilis か ochroleuca と 紫の上 の交雑
というのが私の持論です。(根拠は「見た目」と「勘」ですけど。)

挿し木の成功率が高いのは紫の上の優れた資質ですが、
その因子を間違いなく受け継いでいます。

さらに加えてテキの赤という、欲の深い「いいとこどり」を狙います。
随分虫の良い計画(思いつき?)ですが、
わが庭に、霞の君があってテキセンシスがあれば、
いつやるの? 今でしょ! なのは当然です。

逆になぜ今まで思いつかなかったのかと言われてしまいそうです。
まあ成功にしろ、失敗にしろ、この続編はいずれ書きますので…。




最後に記録画像UPしておきます。

Swedish Bells実生開花0710
スウェディッシュ・ベルズ実生
セルフと思われます。
花型・花色、草姿、葉の形、どれをとっても親と全く同じです。

つい多少の交雑を期待してしまうのは、
浅はかな人間の欲の深さなのでしょうか。




このところ天気予報の精度が怪しい。
連日(不連続な)雨が続きます。

曇りの予報なのに、断続的な雨(にわか雨)が周期的に降りました。
まさに今日が予報不信のその典型でした。

朝8時半に消毒液を作り、4Lのタンクをポンピングしている最中に
パラパラし始め、たちまち篠突く雨となり、散布断念。

雨はほどなくやみ、2時間ばかりで葉もやっと乾き始めて作業再開しかかると、
まるであざ笑うかのようにまたポツリポツリ、やがてザーっと来て…。

その繰り返しで夕方5時まで、結局散布した薬は目の前で流され、
極めて不愉快なすべての作業がムダになった一日でした。
こんなことってある?

5時過ぎからちょっこっと交配前のおしべ摘み取りと袋かけ。
消毒は明日へ持越し。
…明日、必ず…
ウドンコが急激に拡散中なので。




今日、タネが届きました。
(初めて)ネットでオーダーした海外通販です。
Chiltern Seeds と言う日本でもかなり知られた英国の通販サイトです。
チルタン・シードと表記する国内ブログが多いです。
(私的にはキルテン・~かなとも思います。なにしろUKですから)


パッケージ
初めての事ゆえ、恐る恐るではありましたが、
案外親切で丁寧です。
カタログ希望のところにチェックを入れておいたら、
縦長の英文字ばっかりの小冊子が同封されていました。

本体のタネよりよっぽどカタログの方が重いしかさばる(笑)


納品書
オーダーする時の唯一の難点は、
1パッケージのタネの粒数が表記されていないこと。
それについては、その年の気候や条件によって収穫できる量が違うなどと
クドクドと言い訳めいた説明がHome Page に書いてあります。

こちらとしては送料との兼ね合いでオーダー数を決めねばならず、
割高になるのでは?という疑問がわいてきます。

日本宛送料は £5.95 オーダー時のレートでアバウト900円見当です。
今回購入したのはなんとNorth America のClematis pitcheri
UK(ユナイテッド・キングダム=大英帝国ですぞ!)なのにね…。

1パケ£2.9(日本円約435円)×5個
1パケ買ってたんじゃ送料バカ高…なので総額で3,000円程度にと
やや腰が引けておりますが、


1パケ18粒
届いてみれば1パケ18粒。(@24.2円)
まあ適正価格の範囲内かなと思います。

さて、日本国内生産の種子とどう違うのか、残念ながら産地(採種地)が判りません。
英国国内のナーサリーかも知れませんが…、
日本産の逆輸入でさえなければこの際OKです。

ともかくも発芽させて、花を見てみたいものです。



ゆくゆくは、NARGS(North American Rock Garden Society)に入会し、
Seedexを利用したいと目論んでいるのですが、
どなたか経験のある方、ご自身の体験をを教えてください。