2012.05.31 壺型開花その5
しばらく更新しておりませんでした。
5月も今日で終わり、明日からは6月。
月日は瞬く間に過ぎていきます。(年を取るごとに加速度がついてきます。)

ホドホドにと言いつつも、壺の壁の顔ぶれが替わってくると、
やっぱりUPしたくなります。今年の記録ですから…。

ということで、今日もいくつかを





這沢2012
這沢
小澤さん作出の壺型品種はどうして形質が安定しているのでしょうか。流通量も多いし不思議です。
這沢は有名品種ですが他にも、妙福、不動や藤かほりなども…、
壺ですので挿木増殖は無理のはずで、レシピ通りの交配であっても、
その子たちを同じ形質に揃えるのは難しいと思うんですが。

それとも秘伝の挿木法でもあるのかな?




ポンパドール・ピンク2012
ポンパドール・ピンク
花型がふっくらと安定して発現するようになりました。
ちょうど原種ビオルナと並んで咲いています。大きさも同じくらい。
リップの内側が赤紫なのがポンパで、ビオルナは黄~白です。




グラウコフィラ2012
グラウコフィラ
配色はビオルナやテキセンシスに似ていますが、赤の色味が各々で違います。
花型はボディがやや細身でシャープな感じ。リップの反転も先端のみでキリっとしています。
草姿は大型で、蔓が太く固くて誘引しにくいところなどに野性味を感じます。




濃色バーシカラー2012_01
濃色バーシカラー
以前からバーシカラーには濃淡2種の変異があると唱えておりますが、
どなたからもリアクションがありません。
でも我家にはたまたま2種が実在しているのです。

濃色バーシカラー2012_02
生育は旺盛で花数もそこそこです。
少し遅れて淡色バーシも咲き始めると思います。




Fujiko2012_20120531170647.jpg
Fujiko
ツートンカラーの小輪。色味が違うのでバーシカラーとは明確に判別できます。
ビオルナ系交配種群は親の形質により花型に色々な変異がありますが、
Fujikoはオーソドックスなバーシ~ピッチェリ型です。




ジェルスカ新色ラベンダー
ジェルスカ新色ラベンダー
クリスパ・エンジェル×スカーレットの人工交配種を「ジェルスカ」と命名していますが、
個体により発色が微妙に違うことが判ってきました。
なので今後は「ジェルスカ」はこれら交配種群のグループ名として使用します。

薄いラベンダーカラーの花が今年初開花しました。
スカーレットの面影は全くうかがえません。




ベティー・コーニング2012
ベティー・コーニング
地植えにしたベティがまた今年も咲き始めました。
鉢植えの姿とは全く違って、逞しさを存分に発揮しています。





残りは次回にします。

撮り貯めはあまり長く経過すると時期がずれ過ぎて記事にする気になれず
結局出番なしになってしまうので、こまめに挙げるに限ります。

今日もつい日付の新しい方を先にUPしてしまいました。
撮って直ぐのほうが印象もフレッシュですしね…。






2012.05.22 その他の花
シリーズものをUPしている間に(行事も色々重なって)
他の花画像が撮り貯めのままデッドストックになりそうなので、
ここらで放出しておきます。

解説は簡単に済ませますので。





紫燕飛舞2012
紫燕飛舞(ツーヤンフェイウー)
地植えのチャイナローズ。我家の狭い猫の庭には不釣り合いですが…。




エビネ 緑香hz×白楽香kz
エビネ 緑香hz×白楽香kz
hzはヒゼン、kzはコオズ。各交雑群の呼称です。
コオズの血を引いてニオイエビネと同質の清々しい香りがあります。




赤花ヤマボウシ0514_01
赤花ヤマボウシ
以前萎みそうだと書きましたが、大きくなってきました。
まだ内側の花(ツブツブ)が開いてないので、開花とは呼べないんですが…。




Prostanthera rotundifolia Mint Bush
ミントブッシュ
花よりも葉が香るので、揺さぶると周囲に匂いが立ち込めます。 ~いい香り!。




シライトソウ
シライトソウ
これは栽培品です。ちょうど昨日山遊びに行った所で野生品を見つけました。↓

自生シライトソウ
運が良かった。花どきでないととても見つかりません。




暴れるglaucophylla 0519
グラウコフィラ
室内避寒のおかげで春早くから生長を開始したので、支柱を越えて暴れています。

glaucophylla 骨折治療
風に吹かれて折れたので、添え木を当て治療しました。
折れた所が太くなりました。もう大丈夫なようです。





2012.05.20 壺型開花その4
第4弾です。
まだ続けられそうではありますが、(毎年咲いているので)新ネタではないし(それも品種が古い)、
自家作出はまだ数が少ない上に、とかく自己満足になりやすいし。
品種の数自慢するのもなんだかイヤラシイので…
ホドホドにしておきます。


と言うのも、シーズン前にちょっと触れておりましたが、
今年はフライ・フィッシングを復活させる年のはずでした。

解禁をとっくに過ぎたのに入漁券をやっと一昨日購入するようなことで、
スロースタートもいいとこです。
でも、フライにはこれからが一番反応が良いんで、遅すぎた程ではありません。
これからはそっちのほうにもちょっと行ってきます。




さて、本題に戻って


M56 0519
M56
前回この株の実生の開花画像を挙げました。
初開花の色は親とソックリですが、まだ色も花型もどうなるかわかりません
即断は避けるべきですが…まあぶっちゃけ似ていますね。

親のほうは色・型とも安定しています。見どころ?は、やはり色と肉厚感かな。
私的にはもう少し口を閉じててくれたら申し分なしなんだがと思っています。




cylindrica Swedish Bells2012
シリンドリカ“スウェディッシュ・ベルズ”
蔓なしなのに花が大きく重たいので風に吹かれたらアウトです。
支柱に縛りつけていても、花首のところから折れることがあります。
とにかく支え続けなければなりません。風が大敵。

それでも手に入れ、育てて花を見たい品種です。
以前にも書きました。花は「空色の篭口」と言うのが一番当たっていると思います。
美しい花です。

 


Etoile Rose2012
エトワール・ローズ
昔から好きな花です。色と型だけでなく、咲き方に惹かれるものがあります。
風情という表現が一番正確かも知れません。派手な花ではありません。
(壺型とは呼ばず)ベル型の花で、他には踊場やベティ・コーニングなどが同型です。




viorna0519.jpg
原種ビオルナ
「ビオルナグループ」という、9種の類似した原種をまとめた呼称があります。
早い話が「ビオルナ系=壺型」の公式の代表選手。
なかでもビオルナは最もポッチャリ・おちょぼ口の種です。(クレマ界の柳原可奈子か!!)

花色については色々か? 以前は赤であまり変異はないものと思っていましたが…。
今のところ言えるのは春〇井系は赤(これです)、及〇系はバーシカラー似。
American Bellsの資料画像では赤(口白)ということに…。




pit Oikawa 0519_01
ピッチェリ“Oikawa"
ピッチェリは色の変異が多いとCLEMATIS the GENUS には書いてあります。
が、このp “Oikawa”のような個体にはびっくりしました。

それまでの入手先がひとりの生産者さんしかなかったこともあり、
青紫~赤紫を中心に、GLC,GT,Viviと名付けた変異品はすべて春〇井産でした。

そこに2009年に別のナーサリーさんからpが発売されたのです。
2株購入しました。2株共同じ花でしたが、なんとバーシカラーのような配色が出て、
ピッチェリの変異の奥深さに驚かされたのです。


pit Oikawa 0519_02
落ち着いて考えてみれば、GT(グリーン・チップ)もその延長線上にあるとも言え、
American Bells のレティキュラータの画像もバーシ配色の例があり、
なるほど!と感じ入ったのですが、

あらためて見てみると、赤の発色がなんとも美しいものです。
テキセンシスの赤とは趣きが違います。

この画像で見るように、
特にボトム(花筒基部)の色がとても印象的でかわいらしい。
清々しさを感じるような佳品ではないでしょうか。




テキセンシス・レッド2012
テキセンシス・レッド
例年通り安定して花数を多く上げる剛健タイプの個体。健在です。
この系(テキセンシス、レッド、スカーレット)は、
調子を落とすとなかなか回復しない気難しいところがあって、他のように放置と言う訳にいきません。
(価格も高めですし…)
暑いのも寒いのも平気なはずですが、どうやら梅雨が苦手みたいです。
梅雨期には雨に当てないほうが良いみたいです。(なにをいまさら…ですか?)




M164 0519
M164 “Bordeaux Urn”
私の好きなドス黒系です。この色はクセになります。
濃暗赤紫の渋~いボディに、リップの内側がさらに濃い暗赤色の凄味は、
ゾクゾクっと来ます。
ちょっと言葉では表現できませんねぇ。




次回は壺以外の花も交えて、撮り貯めをUPするつもりです。
良い絵が撮れれば野外の景色なんぞも…


2012.05.16 壺型開花その3
しばらく間が空きました。
その間花が咲かなかった訳ではありませんが、
壺以外、またクレマチス以外 の花も次々と咲き始めて目移りし、
加えて周囲のの所用も重なって忙しく、記事更新ができませんでした。(言い訳…)

その他の花はまた別の機会に挙げるとして、
撮り貯めの画像ですが、続編その3をUPしておきます






M赤紫0511
M赤紫
壺型交配の実生開花株がM~と言う名で流通し始めた初期の無名品

当時、地方都市に住む私がこのテの株を入手するにはnet通販以外に方法がなかったのです。
(それは実は今も変わらないのですが)

その頃中央の大都市では大変なブームが起こっていました。やがて
そのブームは沈静化(あるいはマニア向けに先鋭化)して行くのですが、
地方にあっては、いったいブームが起ころうが鎮まろうが、
何事もなかったように、一向に流通しておりません。

面白いと言えば面白い。不思議と言えば不思議です。


そう言えば、先ごろありましたクレマチスの展示会で、壺型の苗はないかと問われました。
会の歴史始まって以来(?)とまでは言わぬにしろ、予想外の質問です。
どうやら会期直前に、NHKの例の長寿な番組で金子明人さん(?)が紹介されたらしいです。

地方都市のレベルっちゃこんなもんかな。




アディM56実生0511
アディM56の実生
↑と同じような色の花で見分けがつきませんが、濃暗赤紫のM56の実生初開花です。
生長著しく、なんと実生床(植え出し前)で開花しました。

今の状態では交雑かセルフか判別できません。色は全く親譲り。(親はまだ蕾=明日咲きそうです。)
リップの反転加減が微妙です。(親はビオルナ型)




桃の君0516
桃の君
早朝まだ日光が直射する前の時間帯に撮影すると実物に近い色で記録できます。
名前からするともっと桃色っぽい発色の品種なのかもしれませんが、
少なくとも私の個体は入手以来変わらずこの色で咲きます。

まあ実生選抜ですので、この品種名の個体が全部同じ色という保証はないですし、
実際ある品種ではかなりの発色のバラつきがあることが知られています。
(みなさん夫々自分のが正しいホンモノと信じていらっしゃるみたいです。)

葉形からも判るようにアディソニーの交配種ですので、
こういう花色は当然ありそうなことです。
花の大きさがぐっと大きくなって、相当に美しいのでOKです。




CreamyPink2012.jpg
クリーミーピンク
生育旺盛の剛健種。なのに花は優しいクリーミーピンク。
これも比較的初期のMシリーズです。ラベルに珍しくクリーミーピンクと書いてあったので
そのまま呼んでおります。もとは3株の寄せ鉢でした。
分解した3株はいずれも大株に成長しています。

年により(施肥の加減?)発色が濃くなることがあります。
淡いほうが観賞価値が高いように思いますので、施肥は控え目にしています。
今年の第1花は少し濃いめ?




Fujiko0516.jpg
豆桜(再掲)
一度UPしていますが、茎頂の第1番花より腋蕾の花のほうが花形・花色とも出来がよいので
再度掲出することにしました。
M20改め豆桜ですが、こりゃ案外掘り出し物かもしれません。
2009年の入手から年々良くなってきているように見えます。(ひいき目かな?)




玉かずら20120516
玉かずら(再掲)
これも再掲出です。理由は同じ。
茎頂花が終わって腋蕾が揃って咲き始めたら花色・花形が整ってきました。
画像はちょっと花筒が寸詰まりに写っています。
この品種の特性からすると、盛夏が最も真価を発揮する(花色が冴える)ようです。
いまは小手調べといったところ…。





2012.05.09 壺型開花その2
壺型開花の続きです。

その前に、紫の上実生で親株より紫の発色のよい個体の記事を前回書きました。
前回より判りやすい画像が撮れましたので挙げておきます。


濃色紫の上実生0509
紫の上実生“濃色”
クローズアップではありませんが、だいたいの色の様子が判ると思います。
日光の直射を避けるため雨傘をかざして撮りましたが、実物より赤っぽく撮れています。
肉眼では「篭口」のような紫なんですが…。



さて、壺型開花記録 続いて参ります。



ソフィー2012
ソフィー
管理が荒っぽいからなのか、なかなか大株に育ちません。
いつまでも6号鉢のままです。普通の木立性壺型の管理では十分でないのかな。
性質がインテとかソシアリスに近いのかも知れません。
我家の全鉢共通用土では水はけが良すぎて乾燥気味なのが苦手かも…。




Fujiko2012.jpg
豆桜
テキセンシスM系の実生市販品。例によって交配の組合せは不明です。
株の成熟とともに発色が安定してきて、毎年この色で咲くようになりました。
ピンクでかつ淡い色に見えるものは意外に少ないのか、
派手でないのに目にとまる花です。




ソシアリス2012
ソシアリス
米国産壺型原種には類縁の見つからない特殊なものがいくつかあります。
ソシアリスもそのひとつ。蔓なしで柳葉の小型種。
苦肉の分類でしょうか、インテグリフォリアの仲間にされていることが多いですが、
地下茎で殖える性質などはインテでは聞いたことがない。

画像では上向きに咲いていますが蕾どきに置場を移動したのでイジケております。




玉かずら2012
玉かずら
元気が良いです。結構早咲きなのが判りました。寄せ鉢分解した2株が2株共今咲いています。
来年はGWに間に合うように咲かせることができるかもしれない。
まあこの系統はこれからが本番ですので、持ち味発揮はまだ先ですが…。




ここからは我家のみで通用する「勝手に命名選抜個体」コーナー


ピッチェリ実生淡紫口白2012
ピッチェリ実生“淡紫口白”
パステルピンクのグッドラックチャームの子ですが、親に似ていません。
淡紫のボディ(年々濃くなる)と緑白~淡黄のリップが良いコントラストになっています。
私的にはイケてると思っています。リップが白のピッチェリって意外と少ない?




クリスパ仰天2012
クリスパ“仰天”
今季第一輪で少し花型が乱れていますが、この花の特徴通りリップが非常にふくよかです。
花弁反転ではクリスパ中随一のダイナミックさ、しかもクリスパでは珍しい白リップ。
(エンジェルではないんですよぉ!)




矮性クリスパ2012
矮性クリスパ
実生から生まれた偶然の産物。実生初開花から三年目も矮性を維持しています。
丈30cm程で花を咲かせます。叢生で次々と蕾をつけて伸びてきます。
一度に全部は咲きません。花色は普通です。外側がかすれた紫、内側が濃紫。




最後に、今朝咲いたので画像を追加します。


チェリーリップ2012_01
チェリーリップ
今年も咲きました。ちょっと出遅れ気味でしたが、盛り返してきました。


チェリーリップ2012_02

良い花です。色、型、花数、花姿、申し分なし。
これからが本領発揮です。壺専にはいよいよ今シーズンが始まったって感じ!。




2012.05.07 壺型開花
しばらく更新を怠っている間に壺型が咲き始めました。
今日は里子に出していた数鉢が戻って来たので、
まとめて2012年度版の開花記録をUPしておきます。

特に新顔はおりませんので、いつもどおりとはいうものの、
プチ発見もあったりして、やはり記録はしておくものかと…。





アディソニー2012
アディソニー
トルコキキョウのような柄のない丸い葉をしていますが、葉に対して茎が余りに細く、
花を咲かせる頃に決まって強い風が吹いて、無残に倒れることが多い。
日本の気候のせいでかわいそうな花です。
色は最高です。深い紫(Deep Royal Purple)。




アディソニーHyb2012
アディソニー Hybid
ハイブリッドとしたのは、純粋のアディではないというレベルの話です。
何故ならこの個体は完全に蔓性なのです。
なのにアディと全く変わらない同形・同色の花を咲かせます。

その蔓性であることが特に稀少なのか、価値があるのかは…まるで解りません。
私的には「変な個体」で、それ以上でもそれ以下でもないって感じです。




千島ハンショウヅル2012
千島ハンショウヅル fusca
フスカの地域変種と言う扱いですが、形態はかなり相違があります。
千島ハンショウヅルと言う呼び名は主に山野草屋の世界で使われていました。
原産地を示しているのは解りますが、フスカとハンショウヅル(ベバエンセ)は
一括りできるグループではありません。

このテの呼称は植物の分類とは全く無関係なものも多く、混乱の元です。
できるだけ正確な呼び名を使いたいものです。
モンタナ・ルベンスを桃色ハンショウヅル、
マクロペタラを菊咲きハンショウヅルと呼んで販売するなどは、いかがなものかと。




霞の君2012
霞の君
ひところ一世を風靡した「モケモケ」タイプです。
(あの流行はなんだったんでしょうか??)




淡雪の君2012
淡雪の君
もう少し淡い色彩のおぼろげな風情が魅力の花ですが、年によってイメージが変わります。
今年はオボロな感じがありません。




藤かほり2012
藤かほり
今年は発色が良いです。花型も安定してポッチャリしています。
壺型の中では初期の量産品だったと思います。
竹〇さんではなく湘〇さんから発売された記憶があります。
(すぐ売切れになるのでなかなか手に入らなかった。)




空蝉2012
空蝉
モケで蔓なし地味系の、ある意味第一次ブームの品種。
このあとはどんどん品種名乱立の迷路に行ってしまいました。

先鞭をつけたのは原種オクロレウカとコアクチリスでしたが、いまや原種か交雑かも不明のまま
バブルの頂点(いまさら?)に祭られています。




紫の上2012
紫の上
どこから来たのか不明の品種。交配種だとしても母種が何かさえ解っていません。
性質も変わっていて、普通の木立性のクレマチスとの類似があまりない。
壺型クレマチスの中で恐らく唯一挿し木が可能な(しかも成功率が高い)種。



紫の上実生
紫の上 実生
「紫の上」の花色はかすれたような紫色をしていますが、(「空蝉」にも引き継がれています。)
その実生から濃い紫色(ムラがない)の花色のものが出現しました。
交配母種としての可能性を感じます。





 …続きはまた次回に