上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は「カイウは結実しない」と言うのが体験的持論でした。

ところが最近、ある方のブログで
カイウの実生が開花している画像を拝見しました。

以前から時々覗かせて頂いていましたが、
クレマの栽培キャリアが長く、素敵な実生をたくさん育てている方です。

初めてコメントを書いてお尋ねをしました。
ごく稀に採取できるタネから育てられたのだそうです。


今年の我が庭のカイウは、地植え2年目で驚くほど強勢となり、
蔓性植物の特長を遺憾なく発揮して周囲を圧倒しています。
今まで見た事もない位沢山の花を咲かせました。

その中に極々稀に、1果球に1個だけ種を着けているを
見つけることができました。
これを集めて発芽させるんですね。



カイウのタネ01
午後4時半の逆光


カイウのタネ02
一つしか実らない


カイウノタネ03
これも一つ。


カイウのタネ04
花と一緒に撮れたのはこれだけ。



私も今年トライして見ようと思います。
O.P(自然交配)ですので、何が出るか判りません。

Lさんの開花画像は、カイウ的要素もありつつ、
ビチセラ系の交雑が推定されるような面白い花でした。
リトル・ネルかメヌエットにも似ていると思いました。
(そこまで開かないようです。)

カイウそのものが人工交配種でして、 
JCSの2001年品種総覧(+ネットで補足)では
1982年エストニアのE.Pranno作出となっています。
C. viorna × unknownのopen pollnationのようです。

見た感じのままで言えば、
この白の由来はC.campanifloraを連想します。
どうなんでしょうか?




さて、最後に庭の花(簡易フレームの中)をいくつか…。

ビオルナ実生
ビオルナ実生の初開花が近づいています。
咲くまでは判りませんが、親株にとても良く似ています。


Oikawa viorna0702
こちら親株 今年7月2日の姿です。
勝手にOikawa viornaと呼んでおります。
もうひとつ昔からいるKasugaiビオルナと花型・花色・質感が違うのですが、
種の解析は未解決のままです。


さあ、これは?
Vivid Red Charmと見紛うような赤白グラデーションですが、
実はK・Dの実生です。

VRC?→KDseedling
午後4時半の西日にデジカメが赤っぽく感応したようです。

そのつもりで見るからでしょうか、
ピッチェリじゃなくビオルナに見えるのは先入観かな?

でも葉っぱがreticulateしていない(=網目が見えない)ところは、
一応の屁理屈かも…。(弱いけど…)




スポンサーサイト
2011.07.23 今朝の花
台風は接近前夜に風が強かっただけで、
意外なくらいあっけなく過ぎていきました。
強風・豪雨に合われた地方の方、ご無事でしたか。


それでも、壺の壁は風に煽られて蔓が横倒しになったりしました。
鉢は倒れなかったので被害と言うほどではありませんが、
葉枯れが見苦しくなっていたので、ついでに一部剪定をしました。

ウドンコ病は全く発生せずに今日まできました。
ウドンコは30度を超えると発生が抑えられると聞きますが、
暑過ぎても出ないというのも面白いですね。

そんな今から消毒しても秋の発生を抑えられるんでしょうか。
秋は毎年手がつけられなくて、タネ採りに失敗することが多いです。


なので最近は、夏にタネを少量若採りで採集することしています。
高温期では完熟まで葉がもたないのです。

これは私の用土が原因だと判っています。
水抜けが頗る良いので、日々の管理の中で、
一時的に水切れの限度を越えることがあるのです。

サラリーマンの休日園芸の宿命でしょうか、
これはどうにもならない。

ならば、水持ちの良い用土にしたら良いのに、と思われるでしょうが、
梅雨期に根腐れ、ムレ(高温障害)で何度も失敗しました。
(これを授業料と呼びます。)

高温で多湿の時、用土に有機質(腐葉土とかピートモスなど)が多いと、
極めて危険です。
鉢の中で何が起きているのか気づきません。
おかしいなと思った時は既に手遅れで、最悪枯死です。

その点水切れは、葉枯れが起きてもせめて2日以内に潅水すれば、
枯死するまでにはなりません。
私はこちらを取ったのです。



さて、そんな訳で一部スッキリとさせたのですが、
剪定していない所もあります。

またまたglaucophyllaですけど、花盛りなのでまたUPしました。
それと幾つか今朝咲いている花たちです。



glaucophylla0723-01.jpg
グラウコフィラ  美しい!

glauco0723-02.jpg
グラウコフィラ  この口の開き加減がGood!

glaucoの壁-01
グラウコの壁

glaucoの壁-02
う~ん ピントが甘い! ××

glauco0723-03.jpg
グラウコフィラ どの花みても可愛いですね。発色も良し!



M赤紫0723-01
M赤紫 ムラのない発色。今年は色が濃い。

M赤紫0723-02
M赤紫  サイズの大・中・小を頂蕾、腋蕾、孫蔓蕾で咲き分けるのも面白い。


glaucophyllaとM赤紫
グラウコフィラとM赤紫  支柱の最上部に達しています。



Opalin Charm0723-01
Opalin Charm オパーリン・チャーム 用具置場の棚下で咲きました。

Opalin-02.jpg
オパーリン・チャーム  台風の風で擦れて花が傷んでいます。
ピッチェリとしては、ちょっと珍しい色ではないですか。

Vivid Red Charm0723-01
Vivid Red Charm  ヴィヴィッド・レッド・チャーム  葉陰で咲いて発色がイマイチ。

Vivi-02.jpg
ヴィヴィッド・レッド・チャーム これが本来の色です。



今咲いているのは殆ど赤い花ばかりになりました。

オパーリン・チャームは初開花ではかなり淡い花でしたが、
その後2年続けてこの色で咲きますので、これで固定でしょう。

明るい紫(単なる淡紫じゃなく白地に紫を刷けた感じ…)は、
独特の色感があります。







グラウコフィラ 私の最も好きな花。

ブログのプロフィールに使っているのがグラウコフィラです。
初めて立ちあげたブログの最初の1ページもグラウコフィラでした。
FC2に来る前のgoo blog 2006年9月4日のことです。
画像はこちら

なつかしいです。
この株は残念なことに枯らしてしまいました。(今でも惜しい!)

その後再入手を図りましたが、それがなかなか…。
生産しているのは春日井さんしかありません。
カタログは隔年発行で、2003-04版から2009-10版まで
1年おきに取り寄せましたが、欠品のことが多かったです。 
(今はカタログ更新をやめておられます。)

2008年にまつおえんげいさんに販売品があるのを偶然発見。
早速買い求めました。

ところが咲いてみると、私の心に焼きついていた花とは違いました。
濃いピンクのような色合いです。 画像はこちら

これはこれで決して悪くはないんですが、
一度焼きついたものは消しようがない、わがままな私なのです。

この株はどうしたことか昨年越冬に失敗して枯れてしまいました。
これがきっかけで、グラウコフィラは(壺系の中では例外的に)
耐寒性に欠けているらしいと思うようになりました。


今年の春、オークションの出品を見つけ、飛びつきました。
届いた苗のラベルは懐かしや春日井さんに間違いなし。


それがとうとう咲いたのです。待ちに待っていたあの色で!!
キターッ!!!

glaucophylla20110716.jpg



嬉しくて春日井さんのカタログ画像風アングルでも撮りました。

春日井カタログ風



若い蕾たち

蕾-01

蕾-02



glaucophylla のグラウコはglaucus
「白い粉で覆われた」とか「灰青色の」、「粉白の」の意味。
フィラは、「葉」の意味です。

若い蕾の茎の色

つまりこんな感じ。(蕾の托葉ではなく)蔓の色がまさにグラウコです。
例の原種テキセンシスのアレです。


5年ぶりの再会です。遂に、遂に!!




2011.07.04 不思議色
フレームの中でクリスパ・エンジェルの実生が開花しました。
セルフかと思っていましたが、Open Pollinationによる交雑のようです。
リップの反転がエンジェルとは違っています。




Aop x01
ピンクとも紫とも言えぬ微妙な淡い発色です。
基本的にはクリスパ・エンジェル由来の色味なのですが、
5~6輪のそれぞれが微妙に色合いを変えていて見飽きません。
どの花もひとつの株の花です。


Aop x02

Aop x03

Aop x04

Aop x05



花型は違いますが、花色については
あの淡いピッチェリ「オパーリン・チャーム」を彷彿とさせます。
その時の画像はこちら(2009年5月)

はっきりした色でもなく、これと言って目立つのでもないのですが、
私はどうもこういう色に惹かれるみたいです。

一人で悦に入っています。





2011.07.02 7月です
まだ咲き続けています。
ウドンコ病がなんとまだ発症していません。

なので剪定を一日延ばしにして今日まで来ました。
害虫は発生していて葉っぱが穴だらけになっていますけど。

6月前半は、私にしては更新もまずまずでしたが、
後半から休日がことごとく雨で、
出勤日も何故かいつも朝雨で、画像が撮れませんでした。


渭城朝雨潤輕塵 客舎青青柳色新 ってところですか…。



今朝は晴れたので、久々の咲き残りの花をいくつか


CreamyPink0702.jpg
Creamy Pink
クリーミー・ピンク いつのまにか古いタイプの花になりました。
年によって花色が変化するのが惜しいところですが、
丈夫さでは群を抜いています。
優しい花色に似合わず、豪傑のような気性の強勢の花です。




crispa20-6
crispa20-6
なにも言わなければピッチェリにされてしまいそうな花色・花型のクリスパです。
これがピッチェリなのかクリスパなのかは、
生産者のラベルを信じるかどうかの一点にかかっています。
これが日本の実情でしょう。

(葉っぱに網目模様がないので、クリスパとしておきます。)




Gelscar0702.jpg
Gelscar
ジェルスカです。
この実生グループは花色に若干濃淡がみられる程度でほぼ揃っています。
この花は少し色が濃く出ています。(フレーム内で開花)
高温期に濃色になるかと言うとそうでもなく、
濃淡発色のメカニズムは解っていません。




GLCseedling Type3 0702
GLC seedling type3
グッド・ラック・チャームの子です。今年の花は親に似てきました。
これで紫味が抜けたら親のようなピンクになるかも知れません。
来年は半日陰で咲かせてみようかな。(今は日当たり抜群のところにいます。)




不動0702
Fudo
不動です。今年はこんなにポッチャリと咲きました。
これを見て思わず不動はレティキュラータと関わりがあるんじゃないかと思いました。
なにしろ作出者が小澤さんなので、ありそうな事じゃありませんか?




versicolor0702.jpg
versicolor
バーシカラー濃色です。
我家では濃淡2タイプの内、濃色の方がいつも強勢です。

おヤカマシイ事を言いますと、この原種はスペル通りに読めば「バーシカラー」です。
「バーシーカラー」と呼ぶ人がまだ結構います。

ついでにもうひとつ、ある原種を「オクロレイカ」と呼ぶ人がいます。
スペルは ochroleuca ですので、普通に読んでも「オクロレウカ」のはずです。
ochro は黄色、leuca は白の意味を持つラテン語(=学名表記言語)ですので、
「レイカ」では意味も通じません。




Vivid Red Charm0702
Vivid Red Charm
ヴィヴィッド・レッド・チャームです。旧称レッド・ボトム。
旧タイプのピッチェリの長生き品種です。
よく似た花にストロベリー・キッスがあります。(春日井さんオリジナル)
あちらの方は名花です。赤白が鮮明ですので。

私の方は画像のように赤から白にグラデーションがかかっています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。