偉そうなタイトルですみません。
私のやり方を紹介します。参考になれば幸いです。



タネ採りに一番必要なことは、「発芽能力のあるタネを採種すること」に尽きます。

未成熟なもの、なんらかの不調で途中で成熟をやめたもの、もともと受精していないもの、など
不適当なものを除外していくのがタネ採りの本当の仕事だと思います。

具体的に画像で示します。(どの画像もクリックすると、800×600に拡大します。)

NG-01.jpg

NG-02.jpg

このように果球の一部分が褐変しているものは、なにか不調が起きています。
私の経験では褐変した部分は種子ができていないことが多いです。
熟したのではなく部分枯れをしたのだと思います。
それ以外のところは正常ですから、まだあきらめることはありません。


正常な果球のいろいろ

DarkEyes果球
Dark Eyes

viorna果球
viorna

徐々に茶色くなってきますが、多少緑色が残っていても問題ありません。
人によっては早採りといって、あえて黄変するかしないかで採種するやり方もあります。
殻(莢)に発芽抑制物質が形成される前に採種~播種してしまうという方法で、
 発芽が早いと言われています。(=伝聞です。私は採種後乾燥保存の完熟派です。)



さて、レティキュラータの果球で採種と選別を示します。

reticulata果球
reticulata

分解
果球を分解すると、全部のタネが熟しているのではなく、
かなりの不稔種子(シイナ)があることがわかります。

選別
選別をしてシイナを除外しているところです。


ここで簡単に熟度をチェックします。
殻剥きが一番わかりやすいのですが、戸外では細かい作業はムリ。
てっとり早くタネの真ん中を裁断します。中身(正確には胚乳)が乳白で厚みがあればOK。

確認

いくら殻が立派で厚みがあっても、中の胚の部分がペラペラのこともあります。
真っ黒のこともあります。これらには発芽能力はありません。

よいタネを採らねば発芽は望めません。
直播なら発芽まで1年近くかかりますので、その月日がすべてムダになります。
ただでさえ発芽率が低いのですから(少なくとも100%ではない)
良いタネを選別してください。

netを見ていますと、明らかにシイナと見えるようなものを流通させている例もあります。
本当に熟したタネの実物をご存じないのではないか?と疑ってしまいます。


保存期間の長いタネの場合、乾燥して中身が痩せたようにみえることがあります。
これは播種前に吸水させれば回復します。
一般に壺型クレマチスのタネの場合、少なくとも採種後2年間は
発芽率に影響が無いと言われています。  (出典 American Bells)



2009.09.19 害虫発生
(害虫の画像はありませんのでご安心を・・・)


日に日に朝夕が涼しくなり、今年は秋が早い(夏が短かった!)ようです。
この調子だと冬も早くて長いのでしょうか。
このところ消毒をサボっているうちに (残暑中は薬害を恐れて例年控えていますが)、
めっちゃくちゃに害虫が発生していまいました。
剪定後の新芽を徹底的に狙われて、集団食害されています。

見つけ次第家庭用の一般殺虫スプレーを吹いていますが、
園芸用と違って数時間で揮発してしまうのでしょうか、
虫に直接当たらないと効果がないし、持続性もないようです。
まあ害虫のほうも次から次に新しいのがやってきて産卵しているみたいですが。

食害痕がひどいのと、駆除前なのか後なのか見分けがつかないので、
半分ヤケをおこして、食害を受けた新芽を再び剪定してしまいました!。

食害の画像をUPするのはさすがに・・・、ビューティフルでないので・・・。



そんな感じの今日この頃。
花もパラパラととりとめもなく・・・。

crispa.jpg
クリスパ赤紫

crispa21-08.jpg
クリスパ 21-08

crispa淡紫
クリスパ淡紫

M赤紫0919
M赤紫

texensis0919.jpg
テキセンシス (剪定後の2番花では、Cherry Lipに次いで調子が良い)




遅れ気味だったタネの成熟もやっと秋の気配に呼応して、
果球が黒くなるものが出始めました。


そこで、タネ採り道具の出番です。
タネ採りの際のこまごま(袋に日付や品種名を書いたり、熟度のチェックをしたり・・・など)を、
ここでやってしまおうという訳です。

タネ採り道具一式

折りテーブルと腰高な椅子(立ち作業しながら、腰かけれるスグレモノ!)、
それに脚立は必需品。

脚立も必需品



テーブルの上には、タネチェック用のトレー、はさみ、茶漉し袋となまえペン(油性)、
文字記入時のクリップボード(小)など。

テーブルの上


百均でみつけたラックがぴったり!2段連結で後付け抽斗にしました。
サイズがちょうどの黒トレーを入れたら、タネの収納もバッチリ!!

後付けの抽斗


と、こんな様子でタネ採り作業を、ぼつぼつですが開始しようとしています。


朝夕がかなり涼しくなってきました。
ぼつぼつタネ採りのシーズンですが、やはり遅れ気味です。

花も盛りは過ぎてめだたなくなり、これといって記事にする出来事もありません。
毎朝の観察は習慣として続けていますが、タネのでき具合をみる程度です。

植え付けた用土が乾きすぎるのか、葉が枯れ上がってしまうものが多く、来年以降の課題です。
保水性が良すぎると梅雨の頃に過湿になって、
それが長く続いてかなり株が傷んだことを以前経験しています。
排水のよい土という意識が強すぎたのでしょうか。
根腐れよりはましという思いもあるんですが・・・。



さて、若い果球を日に透かしてみたら、中の種子が黒く見えるかと思いきや・・・、
中のタネも透けて見えました。

それでも緑の色の濃いところは中空ではなく、そ
れだけ中身があって厚みもあるということなんでしょう。

実ってくると日にかざしても全く透けなくなります。

逆光で見る若い果球-1

逆光で見る若い果球-2

逆光で見る若い果球-3


よいタネが採れるといいんですが・・・、この果球はこれから1ヵ月以上はかかるでしょう。



またも今日の庭の残り花

名残り花
クリスパ

名残り花20-07
クリスパ20-07

名残り花20-21
クリスパ20-21

名残り花-02
青紫のピッチェリ “59号”



2009.09.05 残り花
まだまだ咲くはずの時期なのに、剪定のタイミングが悪かったのか
花っ気が薄れてきています。

タネの熟期がいつもより遅い気もします。
2ヶ月では採種できそうにありません。
今年の夏の天候(特に7月の)で、日照不足が影響したかも知れません。
8月には好天が続きましたので、なんとか遅れながらも回復を期待しています。


このところナメクジの這い跡が目につきます。
スリット鉢は鉢底がフラットなのでナメクジとは無縁でしたが、
移動が楽なようにとトレー(苗を並べていれるヤツです)を使ったのが失敗。
ナメクジの格好の棲家になってしまいました。

それにどうやらウチのナメは市販の薬に耐性を持ったようです。
メタアルデヒドがぜんぜん効きません。
去年までこんなことなかったのですが・・・。


さて、ぼつぼつ記事も涸れてきた(枯れてきた?)ようです。
更新間隔が拡がりますがご容赦を・・・。

今日の庭の残り花たち

4-5-1 2009
crispa 4-5_1

夏色パープル
夏色になった 大輪濃赤紫

逆グラデ青紫
crispa 逆グラデ青紫

CherryLip2番花
唯一剪定後に沢山の花をつけてくれた チェリーリップ

addi leaves
それと、これは花ではないですが、珍しくこの時期にウドンコにならず葉を拡げるアディソニー



ここ数日PCの更新でもたついていました。
XPだったのをVistaに換えたら、もうサッパリ訳がわからん状態に・・・。
急いで本屋さんでVista本を買いなんとか環境を整えました。

オフィスIMEをMSIMEに替えておかないと、Bitcommetが入らないなんて
導入したばかりの素人に判るわけ無いじゃないの(怒!)。

と言っても不安もあるので一気に換装とはいかず、当分はXPマシンとデュアル環境に。
この機会に古くからの自作愛機 Win98スカジーマシン(MO2台、スキャナー連結)とは
お別れとなりました。(さすがに時代遅れも極まれり・・・でした。)



さてさて、そんなこんなで見回りをサボっているうちに、
ハウスの中でビオルナの実生が咲いておりました。

viorna seedling



ちょっと力不足でひ弱です。花に勢いがありません。
でも花色は確認できます。
なんと、親はややかすれた赤でビオルナとしてはスタンダードな色なのに、
この実生はバーシカラーのようなピンクでしかも先端に向かってグラデがかかっています。

そう、今年導入した及川ビオルナに似ています。
ビオルナってそういう変異の幅があるらしいです。

要観察!!