2009.04.29 大輪系の開花
大輪系も咲いていますので、そちらの方も画像UPします。

満州黄 
下から見上げる花盛り。今年は元気が良い。物凄い勢いで登っていきました。
来年は絶対に蔓下げしないと完全にお手上げです。
満州黄0428

やさしい花水川が咲き始め。
花水川2009

カイゼルも満開になりました。
カイゼル20090428

白のお気に入り達が咲き始めました。

都筑
並んだ鉢の蔓がじゃまをして近づけません。
大輪を横から撮るなんて絵になりませんね。
都筑01

都筑02

榛原
キリっとシャープなところが持ち味です。
榛原2009

撮り始めたのが遅く朝日が直射しはじめました。
画像としてはマズイのですが、出勤前の駆け込み撮影ということでご勘弁を・・・。

マトゥカ・シェドリスカ
中筋がやや濃いピンクの大輪。一時代前の名品。
こういうちょっとレトロな品種が好きです。
なんとなく栽培キャリアがありそうに偽装できるでしょ!(まぁ これは冗談!)
マトゥカ・シェドリスカ2009


そういえば紫のしっかりした花がまだですね。
赤いのもニオベ以外はまだ蕾です。

4月14日に記事を一度書きました。「かほりの君」の鉢の中のおまけ実生苗です。
その実生苗がついに咲きました。

newface-0424.jpg

newface-01.jpg


いかがでしょうか?まずまずきれいな花だと思いますが、「かほりの君」ではないですね。
花だけ見れば、私的には赤紫系のクリスパと言いたくなります。
一般的な紫系とは言い難いので、それなりにハイブリッドだろうと判断しますが、
問題は草姿です。
草丈わずか20cm。出芽したそれぞれの頂芽に蕾を持っており、
驚くほどの矮性になっています。

newface-02.jpg

newface-03.jpg


原因は色々考えられます。
今年の気候、春が長期に高温だったことで花芽形成が早かった。
頂芽が蕾になったため、伸長が抑えられた。
実生苗の初花の特徴で早熟傾向がある。

この株のこの先がどうなるのか全く予想がつきません。
今春だけの現象なのか。
それとも性質として固定しているのか。
(だと面白いけど、なかなかそうはうまくいかない・・・?!)

正確には木立性が確認できたわけではありません。
蔓がこれ以上伸びないのでそのまま立っている、ということだけかも知れません。
葉姿からはむしろ蔓性がうかがえるようです。

一応今のところ クリスパhybrid が濃厚か、としておきます。



2009.04.25 蕾異変
今年は異常な早さで壺系の蕾があがってきています。
この春の高温が原因でしょうか。(大輪系もみな開花が早く驚いています。)

まず、ピッチェリ 'GoodLuck Charm' seedling type3
春に一度「咲かない引け蕾」という記事で紹介しました。
それが、今年は引けないのです。
現在の状況です。基部が着色してきました。どうやら咲く気でいるようです。

GLCseedlingType3.jpg


そして、なんと texensis
早くも蕾が膨らんできました。これから上の各節の腋芽も全部蕾になっています。

tex 蕾


どちらも壺系の中では遅咲き、特にグッドラックチャームは8月に咲く最も遅い品種です。
なにが起こっているのでしょうか。
画像にはあげていませんが、クリスパや他のMシリ類も皆蕾を抱えています。
不思議なことにいつもは早いエンジェルが、今年はまだ蕾を見せません。
はてな? はてな?


アディソニーの一鉢の、葉っぱの形が違うことに今年気づきました。
もう2年くらいウチにいるのに、何故かいままで全然気づきませんでした。
花はどうだったかな? 特にめだたなかったくらいですから、標準の色だったのかな?。

葉は複葉で蔓性。ラベルがなかったら葉姿だけではアディとは思えないところです。
addisonii hybrid として今年はしっかり観察してみます。

addisonii hybrid


どんな花だったかなぁ 思い出せません。ひょっとしたらいままで未開花だったかも。
去年、手持ちのアディ未開花株から淡紫の花がでました。
「ラベンダー・アディ」と仮称しています。
苗で入手するとたまにこんなことがあります。

記録を紐解いてみたら、2007年にこ○つさんのところから購入した2株のうちのひとつでした。
ふむふむ、となると hybrid はますますありそうな話に見えてきました。
(こ○つさんのルートなら・・・!)
楽しみ!楽しみ!


2009.04.21 思惑外れ
このところ気温が高く、初夏のような気候が続きます。
どちら様も例年より花の咲くのが早いのではないでしょうか。

ある思いがあって、ゴールデンウィーク頃に開花を揃えようとしたのですが、
どうもうまくいきそうにありません。候補に予定していたものがどれも咲いてしまいそうです。

八重のカイゼルは蕾の期間が長いはずなのに、もう咲いてしまいました。
同じくクリスタル・ファウンテンもあと数日か。
ソリダルノーシチもあと1週間ほどで咲いてしまいそうです。

カイゼル2009
カイゼル


なにしろニオベが今日咲いてしまうくらいですから、これはもう異常に近いことです。
早咲きパテンス系の麻生が今朝口を切りました。
ニオベと麻生が同じ日に咲くなんて今まで経験したことないです。

niobe2009.jpg
ニオベ

麻生2009
麻生


壺系もどんどん来てしまいました。
紫の上、満開。かほりの君開花。藤かほり開花。

紫の上2009-0421
紫の上

かほりの君2009-01
かほりの君

藤かほり2009
藤かほり

桃の君あと数日。チェリー・リップもあと数日。

Cherry Lip2009-01
Cherry Lip2009-2
チェリー・リップ

いつもはもっと遅いアディソニー、ソシアリス、リトルベルあたりがGWにちょうどかな?

*** *** ***

そうそう昨夜は雨と風。特にかぜが瞬間的に強く、フスカの蕾がとんじゃいました。
とほほ・・・。でも腋蕾があるのでちょっとは救われます。

fusca2009.jpg



2009.04.20 逆光で楽しむ
たまたま朝日の方に向かって(逆光で)透かしてみたら、
面白い光景となりました。
アディソニーの葉の中の蕾たちです。
なんだかお饅頭の皮の中のあんこみたい。

addi2009-01.jpg

addi2009-02.jpg

addi2009-03.jpg

今日は小難しい説明はありません。
見ての通りで楽しんでください。


パテンス系の蕾がどんどん膨らんでいきます。
その中で毎年一番に咲くのが、ガンジークリームです。
最近知ったのですが、これもレイモンド・エビソン氏作出だったんですね。
1989年作出だそうです。

(間違っていたらごめんなさい。)
エビソン氏のナーサリー(自宅?)が確かガンジー島というところにあると
何かに書いてあったような気がしますが・・・。
その地名から名づけられたのでしょう。

Guernsey Cream 2009-01

Guernsey Cream 2009-02


丸弁のふくよかな感じ。少し緑がかって咲き始め、次第にクリームから白に変わります。
殆ど同時に満州黄が咲き始めますが、似た色でも満州黄は剣弁なので、印象がかなり違います。



満州黄は木に登ってしまったのでまともな絵が撮れません。
下から見上げるばかりです。
(例のビオラが登る木に行っちゃいました。)

満州黄2009-01

満州黄2009-02

勿論ビオラも、花は遅いですが負けじと登っています。
今はまだ蔓の伸長中です。ハナミズキはまだ八分かな。

満州黄が登った木
こんな感じ。チェロキー・チーフという古い品種です。


2009.04.14 実生の蕾
いくつか実生の苗に蕾が見えます。
pitcheriの引け蕾ではなく、どうやら本気で咲く気で生長しています。
そのいくつかを・・・、

ラベルを信じるとクリスパなんですが・・・・、
確かに今季暖かいのもあって真正クリスパにも既に蕾が見えるものもありますが、
丈15cmで蕾を、しかも3本立ちのそれぞれ先端にとなると、クリスパかぁ?・・・。
木立性のようにも見えるけど・・・。

クリスパ?02

クリスパ?01


ただ、タネ採りの時からの品種混同を防ぐために細心の注意を払ってきた私としては、
単純なラベル違いとは考えにくいのです。
採種、播種、鉢上げまで品種管理は鬱とうしがられる程厳密にやってきました。
でも、しょうがありません。
恥をさらすようですが、咲いてみるまで判りません。

一方、最初からなんだか判らないでここまで来たモノもあります。
かほりの君M これはかほりの君の実生と言う意味ではなく、
竹行灯名物おまけ苗ということです。かほりの君の鉢の中に生えていました。

かほりの君M-1

かほりの君M-2


これが育ってみると、木立性で蕾のあがりも早く、どうやら見た目はかほりの君の実生のようです。
あとは花色の確認を待つだけです。
2株ありますが、違差が出るのでしょうか?
咲いてみるまで判りません。

ついでに比較として、かほりの君挿木苗も蕾をあげてきました。

かほりの君C

早くもほんのりと着色しているようです。


2009.04.13 紫の上開花
紫の上がやっと開花しました。
例年より少し色が濃く出ているような・・・、気のせいかな。
植替えが効を奏して、今年の新芽には力があるように思えます。

紫の上01

紫の上02


最初に咲く一番花と、剪定を繰り返した夏の終わり頃の三番花(ぐらい)とでは、
同じ株の花とは思えないぐらいサイズが違いうのがこの品種の特徴で、
それでも花着きは極めて良く、沢山の蕾をあげてきます。

何年経っても正体不明で、手がかりが得られません。
いつも引き合いに出す「Clematis the Genus」にも、
まさか「Murasaki-no-ue」では記述はないでしょうが、
それにしても類縁を想像させるものさえ見当たりません。
近縁の Clematopsis (プセウドアネモネ)まで網羅しているというのに、です。

木立性ですがアディソニーのようなか弱さ・脆弱性はなく、
ガッシリとした硬く強い茎で、ダリアかコスモスのような逞しさがあります。


そのほか庭を見回して見るとと既出のアーマンディーの他はペトリエ petriei が咲いているくらいです。
かわいそうに。まだポリポットのままだよ。てへっ!

petriei.jpg



早くもM赤紫の太い蔓にウドンコ?の兆し。

発生するにはまだ気温が低いと思うのですが、このところ好天が続きましたので
予防的に手を打っておいたほうがよいかもしれません。
ただ、今晩から雨らしいけど・・・。



2009.04.10 ソシアリス
ソシアリス socialis
これも分類の難しい系統です。
壺系の一員として扱われていますが、グループの所属がはっきりしないのです。
便宜上インテグリフォリアのグループに入れていることが多いのですが、
いわゆるインテとは形状も生態もちょっと違いすぎます。


socialisの芝生
socialisの芝生

諸説あるようですが、私の信頼する Clematis the Genus (C.Grey-Wilson) によれば、
インテの中の Baldwiniiグループだとしています。
さて、そのボールドウィニーの正体がわかりません。
American Bells にBaldwinii の画像と説明がありますが、
なんだか痩せたフレモンティみたいで木立性のようです。

しかしそれが socislis とどういう類縁かはわかりません。
socialis の項には既に知られていることの記述のみです。  ?????



逆光で見ると蕾を抱えているのがわかります。
さらに丈を伸ばして、茂り込んでからやっと咲くのですが・・・。

socialis-02.jpg

socialis-03.jpg

調子がよければ芽数がよく増えます。
大株にすることで観賞価値が高まる品種ではないでしょうか。


白花ハンショウヅルが口を切りました。
正確にはまだ開花じゃないみたいですが、朝日を浴びて気持ち良さそうです。

williamsii0407.jpg

williamsii-02.jpg


今日は白花ハンショウヅルの薀蓄話です。
この植物の学名は clematis williamsiiと言います。
この命名はウイリアムスと言う人に由来しているというのはすぐ解りますよね。
ではこのウイリアムスって誰?

Samuel Wells Williams(1812-1884)
19世紀に中国に長期在留したキリスト教宣教師、中国学者。
その人が、幕末浦賀に来たペリー艦隊の主席通訳官として日本に上陸。
ペリーですよ!ペリーの時代の人です。
中国のどこかで途中からペリー艦隊に参加しました。きっと本国から招請があったのでしょう。
この人もともと植物学に造詣深くプラントハンターでした。

期日も記録で解っています。
1854年3月14日横浜に上陸、近郊で植物採集しました。
そのなかに、本人はシダ(fern=ファーン)と思った植物(きっと葉に注目したんだろうなぁ)
実はこれがクレマチス属だったんです。
きっとイノモトソウ(プテリス)のように見えたのでしょうか。(葉だけなら似てるかな?)
ともあれ新種の発見です。そこで発見者を記念してwilliamsiiと命名されました。

種名の最後がii(i)になってるのは、人名由来を表していますから、
他にもaddisoniiとか、pitcheriとか、hendersoniiなど、ありますよね。

ほかにも人名ならマキシモウィッシアーナもあるけど、これはまたいずれの機会に。


もうひとつオマケ。
紫の上の挿木苗に蕾がつきました。

紫の上C-01

紫の上C-02


親株は2005年にnetで入手。その年に剪定した枝で挿し穂を作りました。
ということは挿木3年生(4年目)?
それにしては生育が遅いと笑われそうです。
この増殖は紫の上の特殊な形状と生態から交配用に是非使ってみたいと思ったからです。

ところが同じ事を先に考え、既に実行した人がいたのです。

たまたまnet shopで「若紫」と言うモノを見ました。
勿論 即攻完売で、手も足もでませんでしたが、
これは間違いなく「紫の上」系選抜種または交配種に見えました。

ついでに「空蝉」はオクロレウカ ochroleuca によく似ています。
どちらも2009年の新品種だそうですが、設定価格も「ほぉ~」です。

2、3年経って価格がコナレてきて欲しいのですが、
「紫の上」のように市場にでてこなくなると、これまた入手が難しい。

どうもこのテは際限がないオソロシイ世界のようです。




3Uさんからのいただき物のタネから育った苗の現在です。
バーシカラー。
usagi versi-02

母株は深みのある濃いピンク色でした。(珍しいと思います。普通バーシは淡色ですから)
いくつか芽が出ましたが、今日までに生き残っているのはこの苗ひとつというありさまです。
ぎりぎりですので、もう枯らすわけにはいきません。


usagi versi-01

そして、
お気づきでしたか? この株の最大の特徴は、葉の裏が赤いということです。
先日記事にもしました自家採種からのバーシの苗を調べてみたのですが、、
ただのひとつも赤いのはありませんでした。

ただこれが花の色に反映されるかどうかは解りません。
クリスパエンジェルでは新芽も新葉も赤紫色ですが、花は白ですから。
楽しみに待ちましょう。うまくいけば今年花が見れるかもしれません。
生育は順調です。



今花が咲いているのはアーマンディだけです。
かなり咲き進みましたが花冷えの気温低下が続き、まだ満開ではありません。

armandii0403-01.jpg

armandii0403-02.jpg

あとは白花ハンショウヅル(williamsii)がガンジー・クリームを抑えて先に咲きそうです。
満州黄、麻生もふくらんできました。