今朝咲きました。


Kahori-no-kimi
かほりの君
よく見るとうっすらと表面に細毛があることがわかります。
去年は気づきませんでした。
2番花以降にどうなるかわかりません。


fuji-kahori
藤かほり
表面がつるっとしているのに、これにも細毛が光っています。
いや~いままで気づかなかったなあ~。
今年はしっかり観察するよう心掛けます。

2008.04.29 花水川
花水川です。
なんとも淡い、ピンクとも紫とも言えぬ優しい色。


Hanamizugawa

地名(川の名)は古く鎌倉時代から知られていたそうです。
桜の名所なんだそうですね。
関東の方ならよくご存知でしょうが・・・。

いい名前をもらったいい花です。


今年のカイゼルは色がとても濃いですね。
ちょうど横で咲いている柿生とほとんど同じ色なので驚いてしまいました。


Caeser-01

Caeser-02
まだ、咲き始め。



もうひとつ。
Miss Tokyo
ミス東京。
かなりレトロな花です。
イメージとしては、相当昔からあるどこか懐かしい感じの優しい花です。
ネーミングのせいでしょうかね?

パテンス系が続いて咲き始めました。
開いたばかりなので花型があまりよくないのですが、
つい喜んで撮ってしまうのです。
記録とか資料としては劣るんですが・・・。


kakio080427
柿生
今年は花数が少ない。去年からの手抜きがここに来てバレています。


manshuki-01
満州黄
早朝に付き発色がうまく撮れませんでした。
色補正はめったにしませんので、そのまま。


manshuki-02
門の横のハナミズキに登っているので脚立がないと正面の絵が撮れません。
通行人の皆様にはこんな姿でご覧いただいています。


dawn-01
ドーン
咲き始めの様子。


dawn-02
花弁はもう少し展開しますが・・・。


fusca080427
最後にフスカ。
やっぱりこげ茶ではありません。
去年と同じ色でした。(当たり前か!)
白花ハンショウヅル開花しました。

williamsii

独特の質感のある花弁を4枚慎ましやかに拡げた優しい花です。
花型から連想したら案外当たっているもので、
日本の自生種で唯一のシルホーサの仲間です。
印象が似てますよね。

白ハンショウヅルとかトリガタハンショウヅルとかと混同しやすいので、
williamsii (ウィリアムシィ)という世界共通名も憶えておきたいものです。


春の定番、パテンス系がやっと咲き始めました。
いわゆるクレマチス型の花をUPすることが少ないので、
意外かも知れませんが一応は押さえてはいるつもりです・・・。

といっても、まだほんの始まりです。
口を切った花をすぐ画像UPするのか、咲き揃った頃にボリュームで表現するかは、
自由だあ~! じゃなく いつも迷うところです。



Guernsey Cream
ガンジー・クリーム

asao
麻生
2008.04.20 紫の上 開花
紫の上が開花しました。
しかし、なんか色が変。発色がよくないですね。
貧血気味? 血の気が無い。
気温と関係があるんでしょうか。
もう少しきれいな紫のはずですが・・・。

20080420murasaki-no-ue

今年はいつもと違うみたいです。
我家ではまだモンタナ(ルベンスとスターライト)は蕾です。
パテンス系ではいつも一番先に咲くガンジークリームもまだ蕾です。
なのに、紫の上が先に咲いてしまいました。
2008.04.19 前途多難
前途多難というのは、幼い実生達の行く末のことです。
小さいのは小さいなりに被害が発生しています。
正体不明ですが・・・。

niwa

damage-02

damage-03
ハモグリバエ位しか想定していませんでしたが、他に「なにか」がいるようです。
実生苗はまだまだ小さいのでちょっとした食害でもダメージが大きいのです。

いまからまだまだ色々な困難が待っているのに、こんな一番いい時期に生長を阻害されるのは困ったものですね。

気温が下がったり、強風が吹いたり・・・、クレマの開花予想を後方修正しております。


またまた小苗の小ネタです。

茶色でないフスカ (ではなんでしょか?) に今年も蕾。
fusca2008
一応フスカにしていますが、色は紺色に近い青紫です。

クレマ界以外に山野草屋の世界では「千島はんしょうづる」「黒花はんしょうづる」と呼んで流通しているものがあります。結構難物扱いです。正体は未確認ですけど・・・。


今年の我家のニューフェース「ソフィー」に蕾がついているのを発見。
sophy-01
どんな花が咲くのでしょうか。???
蕾の続報です。
今年は妙に子苗に着蕾が見られます。

大輪紫
かほりの君?(M) 竹行灯名物のおまけ実生苗。「かほりの君」の鉢に生えてましたが、たぶん「かほりの君」の子ではないと思います。

かほりの君-02
同 クローズアップ

紫の上-01
紫の上 挿木2年生 高さ20cmほど。
壺系の中で、この品種は挿木の成功率がとても高いのです。私でもこれなら自信があります。

紫の上-02
同 クローズアップ

socialis
ソシアリス 挿木1年生
畳んだ葉の中に蕾が見えています。

体力的には咲かさないほうがいいんでしょうね~。
でも、花が見てみたくも・・・。

ラララ、蕾。ラララ、蕾~。 ライ、ラ、ライ~!!
藤崎マーケット状態だぁ~~~




ようこそ、ようこそ。

ついにクレマブログの巣窟=FC2に越してきました。
ブログ初心者レベルから、ちょびっとでもカスタマイズしたくなったら、
結局こうなるのでしょうか。

引越し大先輩の3月うさぎさんを追って同じ道にと思っていたら、
かつてchikoさんも同じルートでお引越しされていたようですね。

どこがよかったのかと言えば、
ブログパーツの貼り付けとか、秘密コメ設定とか便利ですよね~。
アクセスカウンターなんてブログしてる人なら気になりますからね~!。

でも画像サイズの設定(オーバーサイズ)は難しかったし、回避の方法は手探りでした。
そして、さすが人気ブログだからでしょうか、管理画面にアクセスするのを拒否られたのは意外でした。
アクセス集中のためというのがその理由です。
移って来てみて、思わぬトラフィックの悪さ(一時的?だと思いたい)にちょっとへこんでおります。

ともあれ、ブログ画面のきれいさはうれしいですね。

これからもよろしくお願いします。
armandhii
480×360

我家でもやっとアーマンディーが咲きました。
ベルママさんの記事UPから遅れること16日。地域差では説明できませんね。
緯度はウチのほうが南のはずですが・・・。
 


GLC
”Good Luck Charm"   320×240 thumb-nail
蕾が見えてます。ですが、このグッドラックチャームの一番蕾は必ず引ける癖があって、いままで一度も開花までいった事が無い、という実績の持ち主。
蔓の伸びるのがものすごく速いので、養分・エネルギーをそっちに摂られているのだと思います。

momo-no-kimi
”桃の君”    400×300
こちらはしっかりとした蕾。木立性かと思えるぐらい太く自立した蔓(茎?)。

fuji-kahori
”藤 かほり”    160×120 thumb-nail
こちらも太い蔓(茎)をしています。

CL-01
 "Cherry Lip"   360×240 
早々と蕾をあげています。
驚いたことに・・・、
CL-02
脇芽が両方とも蕾になっています。
こりゃあ本気で咲く気ですね。


test TEST

お気に入りのテキセンシス・レッド画像