彼岸が過ぎ、急に秋めいてきました。
久々の更新です。

今月初めの花友例会でタカネハンショウヅルの観察会はどう?って話になり、
そりゃいいですねと、先発下見を買って出ていたので、
頃合いが整い始めた今日、自生地の様子と開花の状態を見に行ってきました。

実行予定を10月6日辺りと見込んでのことです。


自宅からは高速+国道+県道をつないで1時間半の行程です。
新規自生地の発見も目論んでいたのですが、
現地の道路環境、河川の支流分布(これ大事)、山の斜面の向きなどに明るくないと
地図だけでは見当が立ちません。


余談ですが道中で面白いもの見つけました。
といっても花はツリガネニンジン、
この時期山間部では珍しいわけではありません。


ツリガネニンジン01

ツリガネニンジン02

面白いのは開花している環境です。
ご覧の通り、夏頃に刈り払われた道路の法面で咲いています。

夏まで伸びていた地上部は一旦刈り取られて、その後再生したものです。
イワシャジン並みに丈低く咲いています。
コンパクトでなかなかかわいい。




さて、タカネハンショウヅルの自生地です。
昨年まで最も美しく群生していた場所が、ほぼ消滅に近く縮小していました。
(一番接近して画像を撮ることができるスポットでもありました。)
ショックです。

しかし別の場所では勢いを増している群落が何か所か見つかりました。
新しい群生地に育っています。これが自然のサイクルなのかな?

lasiandra01.jpg

lasiandra02.jpg

lasiandra03.jpg

lasiandra04.jpg

lasiandra05.jpg

今日のところはこんな感じです。
予定の10月6日頃にはちょうど満開になりそうですね。



いつもの秋の花達も元気です。

ツリフネソウ
ツリフネソウ


キツリフネ
キツリフネ


ウナギツカミ?
ウナギツカミ?…ミゾソバ?
ウナギツカミは Polygonum thunbergii、ミゾソバは Polygonum seiboldii
ツンベルクとシーボルト、ともに日本の植物学の基礎を造った人。どっち??



そしてこれはホントに珍しい!って花(or実?)を見つけました。

カラハナソウ01

カラハナソウ02

カラハナソウ(しかも雌株です。)
この雌花がビール作りに不可欠の、苦みの原料ホップです。
野生の実物を見るのはこれが初めてです。
もっと寒いところのモノかと思ってました。
感激!


いやぁ、何歳になっても山遊びは楽しいですねぇ~♪♪








タカネハンショウヅルの自生地を見に行ってきました。
2008年以来、3年ぶりとなります。

天気は快晴で、絶好のドライブ日和となりました。

前回は9月26日の自生地探訪でした。
今日帰ってから昔の記事を読み直してみると満開には時期が早すぎた、
と書いていました。なのにまた同じ轍を踏んだようです。


それでも、ポツポツと各所に咲いていました。
3年前の大群落の場所にもたどり着けました。
案外憶えているものです。(本当はナビのおかげです…!)


時期が早かった分、他の花の開花も楽しむことができました。
花がなくても葉で判るところなんぞ
元山野草屋の面目躍如といったところです。エッヘン!!

ということで、(少し長いですが…)ご覧ください。



タカネハンショウヅル01

タカネハンショウヅル02

タカネハンショウヅル03

タカネハンショウヅル04

鉢植えとはまるで違う野生の姿です。
花は可憐ですが、植物自体はかなり逞しく蔓を伸ばし這い拡がっています。



同じ場所で共に咲いている花たち。

キケマン
キケマン

ゲンノショウコ
ゲンノショウコ

ツリフネソウ
ツリフネソウ

キツリフネ01
キツリフネ

アキチョウジ
アキチョウジ

ミズヒキ
ミズヒキ

フシグロセンノウ
フシグロセンノウ



ここからは葉っぱで判別です。

トキワイカリソウ
トキワ?イカリソウ

ヒトリシズカ
ヒトリシズカ

ツルリンドウの実
ツルリンドウ 赤い実がかわいいですね。

ヤマシャクヤク
ヤマシャクヤク 
普通はもう地上部がなく休眠しているはずですが、
幼苗の場合秋まで葉が残ることがあります。

エビネ
エビネ
これも幼苗です。親株は採取されてしまったようです。



秋の野山を満喫してきました。





2009.12.25 冬の一景
今年ももうあと僅か。
年月の過ぎゆく速さが年々加速していくと感じるのは既に老境なのでしょうか。


寒々とした庭ですが、時には新鮮に見えるものも…。
きれいな綿帽子はタカネハンショウヅルの果球です。
こんなにきれいに揃ったのは今年が初めて。

20091225-01.jpg

20091225-02.jpg

20091225-03.jpg



そしてユンナエンシス。

20091225-04.jpg

20091225-05.jpg

植えっぱなしで、殆ど放置状態。
とてもじゃないけど、「育てている」なんて言ったらバチが当たりそうです。
なのに 毎年花を揚げてくれます。
なんだか申し訳ないですね。




今年はいろんなことがありました。
その中でクレマチスについては、世の不景気がこんなに趣味の世界を不活発にした年はなかったように思います。
余裕があってこその園芸趣味なんだなとつくづく思うのです。

一口で言うと「全く売れなくなった」のです。欲しがる人があっという間にいなくなったのです。
これはヤフオクなどを見ていると一目瞭然です。

もっと激しい例では…、クリスマスローズは昨年までバブル気味に加熱していましたが、
今年は殆ど買う人がいません。
八重咲きの交配種子(趣味家の自家生産)などは去年10粒4,500円とか5,000円とかで
目が眩むようでしたが、今年は手のひらを返したようにさっぱりです。
(私はヘレボをしませんが…市場動向を知るために去年からウォッチをしておりました。)

知合いの園芸業者さんによると、もう商売にならないと言ってました。(地方の話です…)
残っているのはいわゆる「マニア」だけだとか。
 ⇒彼らは普及品には目もくれません。珍品・稀品の「無いものねだり」で要求だけが高いそうで…。


私自身も欲しいものがとんとみつからなくなりました。
定年退職から…同じ会社に再雇用となったのですが、それでも経済的にはかなり条件が変わり、
そのこともも要因の一つではあるのですが、
心理的に、第二の人生だから余裕を持って趣味を楽しもう、という気に全然ならないのです。

まだ現職の時のほうが、少ない休みの日をフルに使って気合が入っていたように思います。

私は一応クレマでは自分でもマニアの部類かなとは思うのですが、
今激しく熱意がたぎっているとはお世辞にも申せません。といって熱が冷めたとも思っていませんけど。
ただなんとなく、クレマの業界全般は冷めはじめたのかなぁと感じるのです。


趣味世界にかかわらず今はすべての経済活動が不振で売上減少に苦しんでいます。
モノが売れない時代です。小売業のみならず生産者も苦しい状況です。
こういう時って新品種作出の意欲も落ちていくのではないでしょうか。
そうなるとますます売れない。結果的にはデフレ・スパイラルと同じことに…。



ブログではかつてクレマ・ブログの主要メンバーだった方が次々と去って行かれ、
様変わりしてしまいました。
ああいう熱心な方がいらっしゃらなくなったことも、影響しているかもしれません。

特に○○○さんは、リンクも広範でしかもpingで更新が一目で判り、
私個人としてはクレマ・ポータルサイト的に利用させていただいていました。

そういう人結構いらっしゃったのではないですか?



2009.11.29 11月のおわり
 あんまり長く更新をしなかったので、
ブログIDとパスワード入れないと管理ページに入れませんでした。 てへっ!
1か月以上更新がないと自動的に置かれる、冒頭の広告がないだけマシかっ!



 私事で何かとあわただしいひと月でした。
現職場で引き続きの再雇用も決まり、12月から新しい生活設計のスタートとなります。
しかしあまりの収入ダウンに(想定以上で)・・・正味のところタジタジ・・・。

カミさんと、「とにかくお金のかかる病気にはなるまいね」と二人で誓いの詞。


 よその人と比べてもしょうがないのですが、
この水準の低さに、地方の弱小民間企業の悲哀を感じます。

え~い この話はこれでおしまいっ!。




 さて、我が小庭を眺めるに、なんの変化も発見もなく、
例によって、放置の結果の雑草と、ウドンコの傷跡ばかり・・・。

ろくな待遇をしていないのに、けなげに頑張る・・・植物たち。
(なんだか、つい話がそっちのほうへ行ってしまいそうな・・・・Oh no!。)

seedling-01.jpg

seedling-02.jpg




タカネハンショウヅル
すっかり緑色が抜け紅葉したような、枯れたような・・・。
逆光に向かってストロボ焚いたら、タネ(の殻)はまだ緑色しているのが写っていました。

lasiandra-01_20091129093813.jpg


順光で見ると、茶色っぽいのですがまだ採種はできそうにありません。

lasiandra-02_20091129093828.jpg

lasiandra-03_20091129093838.jpg


定点観測の名を借りたこの横着ぶりです。  また、同じ画像か!とツッコまれそうです。




もうひとつのここ1カ月の関心事だったこと。

 24日(火)に3回目のThis Is It を見に行きました。
休みの都合で27日までにはもう行かれない、
もうこれが生きているマイケルに逢える最後だ、という思いを持って。

シーンの随所にみられる彼の人に対するまなざしの優しさに触れるたびに、
1回目、2回目とはまた違った感情が湧いてきて、泣けて泣けて・・・。


 改めて思うのは、スタッフの全員が、ダンサーも、コーラスも、バンドも、
そして音響や照明やきっとセットの大道具さんに至るまで、みんなメチャクチャに練習を重ねていたこと。

10人のダンサーが寸分違わず同じ動きをし、マイケルとコラボする…と、言葉にすれば一言のことに、
一体どれ位の時間とエネルギーが費やされたか。
しかも全員経歴も凄い! プロ中のプロにして叶うレベルで!・・・練習、練習、練習!
(しかもみんな、間違いなくそれが嬉しかったんだ!)


 オリアンティが映画の中でインタビューに答えて
「凄く練習をして全曲隅から隅まで完璧に憶えていた」と言っていましたね。

完璧主義者と言われるマイケルですから、しかもレコーディングの時と同じようにと、
つまりオリジナルどおり演奏できることがまず最低条件で・・・、
そこから新しいものを引き出していくマイケルのアイデアを、
その場で実現してみせるメンバー達もまた凄い!

その空気が見事に映像になっていて、身が震います。鳥肌が立ちます。


これでもリハーサルなのか?
無事ロンドン公演が実現していれば、全く舞台裏の出来事で、表に出ることは無かったエピソードばかり。
極めて優れたドキュメンタリー映画でした。メイキングビデオなんかじゃありません。



27日が過ぎて(もう逢えなくなった)、なんとも言えぬ気持ちです。

久しぶりに2ちゃんで、this is it のスレ見たら、
26日頃から1日だけでレスが1,000越えて、1~2日後には過去ログ倉庫入りする盛況ぶりです。

殆どの人が同じ思いでいることが解りました。
それは、みんなが言うとおり、「喪失感」なのでした。


 

さて、もうひとつ秋の楽しみができていました。

今年の1月、棚下にこぼれ種の自然実生を発見しました。
その棚で栽培していた品種から類推して、
シロバナハンショウヅルかシロハンショウヅルだろうと思っていましたが・・・。

(http://cleclema.blog70.fc2.com/blog-date-20090127.html)


とにかく野生に還ったというのはこのことでしょうか、またたくまに蔓が太くなり、
ものすごい勢いで生い茂りました。
それが、先月蕾をつけ、「おや秋咲きだったのか」と初めて気づいた次第。

秋咲きなら、葉の形からタカネハンショウヅル以外にない、 のですが
いつのまに実生が発芽したのでしょう。
去年タカネ~の苗をしばらく置いていましたが、それのタネにしては発芽時期が合いません・・。



lasiandra-01_20091005104610.jpg
C. lasiandra  タカネハンショウヅル


lasiandra-02_20091005104902.jpg
ハナミズキに登る (逆光で見にくい!)


lasiandra-03_20091005104641.jpg
ストロボを焚いてやっとなんとか花が見えます


lasiandra-04_20091005104657.jpg
これが株元。 春に割り箸くらいだったのが、今は11mmの支柱並みに!


lasiandra-05_20091005104714.jpg
ところ構わずよじ登る逞しさ



たおやかな姿となかなかに優美な気品のある花が素晴らしく、すっかり気に入っているのですが、
野生の姿を見たというか、案外雑草のしぶとさを持っていることに驚きます。

まるでヤブガラシのようなヌメッとした光沢の蔓を自在に伸ばし、
ところ構わずよじ登っていきます。


そして一番驚いたのは、四方八方に伸ばした蔓が案外簡単に枝枯れするのです。
うまく進出できないところはすぐに放棄する戦略のようです。
そういう消耗を全く厭わず、一番勢いの良い蔓だけが、がむしゃらに伸びていくのです。

ですので、きれいな花の周りには黒く枯れた蔓がかなりまとわりついています。
普通そういう部分は撮影のときには邪魔ですので取り除いてしまいますが、(絵にならないので)

でも、野生の真実の姿はその生態あってのことだと、
開花までの一部始終を見て、改めて教えられた気がしました。





2009.01.05 冬の花
このところ寒さが厳しく、目立った動きはありません。

毎日凍結・解凍を繰り返しているので、赤玉土の団粒が崩れてしまいました。
日向土とバーミキュライトに変化はありませんが、
植え替えて2ヶ月位で用土が詰まっていくようです。
植え替えは春のほうがよかったのかな?とさえ思えてきます。

ただ春は忙しくて植え替えがとても間に合いません。
去年はとうとう芽と根が伸び始めてしまい、途中で止めてしまいました。
ですので今年は必須だったのですが・・・、またやらかしてしまいそうです。


冬の花-01

冬の花-02

冬の花-03

ユンナネンシス(アンスンエンシス)が咲き始めました。
新顔のほうです。数年持ちこたえていたほうは今年花が着きませんでした。

2・3年分の横着と手抜きがここに来て作落ちとなって表れています。
今年は開花画像が貧弱で「恥ずかしくて表に出せない」ことにならねばよいが・・・と、
いまから案じられます。

これと言うのも、壺系に特化しつつある今の興味と関心と、昨今の栽培の現状が
そのまま反映されているのであって、
春咲き・四季咲き大輪系を疎かにしてきた報いでもあるのです。

品種ハンティングはとっくに止めていますが、
既にいまあるこれらを放置して消滅させてしまうなどというバチ当たり行為は、
さすがに憚られ、ぐずぐずしているありさまです。

そう言いながら、また春になるとあわてて可愛がり始めるのでしょうが・・・。
その春まではもうそんなに遠い先ではないですね。


2008.12.18 580円の幸せ
近くの園芸店で見つけました。
ラベルがありませんが、ユンナネンシス(アンスンエンシス)だと思います。

yunnanensis.jpg


驚くほどの蕾がついています。
プロの生産者でないとこうはなりません。
何かを使ってるのでしょうが・・・。

それとさすがプロだなあと思うのは、
出荷のロットにあわせて、どの鉢も植物のサイズや花数をきっちり揃えてくるところです。

このユンナネンシス4号が580円で店内に並んでいました。
思わず買ってしまいました。
冬咲きの系統を買うのは久しぶりです。4年ぶりかな?
鈴なりの蕾に惹かれたのです。

また、これしかないんかい!とつっこまれそうです。
またまた、タカネハンショウヅルです。

果球らしきものが発達してきました。
やはり春のハンショウヅルに比べると雌しべの数がずいぶん多いようです。
従って果球のほうも賑やかになっています。
lasiandra1020-01.jpg

lasiandra1020-02.jpg

lasiandra1020-03.jpg


植物体そのものは新しく生長する様子がないのですが、
現有の葉だけで果球の栄養を生産するのでしょうか?
それとも既に植物体の中に種子用の栄養分の備蓄があるのでしょうか?
どうやらそんな気もしますが、どうでしょう?。

秋咲きの植物の生育・繁殖のメカニズムは知らないことだらけで、
扱い方もよく判らないのが実情です。

春には同じように芽生えて生長するけれど、花を咲かすことがなく、
秋まで生長と養分の生産を続けているのですから、
備蓄パワーは相当なもののはずです。

秋咲き種の多くがが穂咲きや房咲きになって非常な多花性なのも、
そのパワーゆえかも知れません。


*** *** ***

いつまでもタカネハンショウヅルばかりではたいした記事になりませんので、
次の休みの日は、植替えか種蒔きをする予定にします。

酔人さんのところではもうzipの発根の記事があがってましたけど、
私のところはまだ殻剥きもしていません。
のんびりだなぁ~。


庭のタカネハンショウヅルは殆んど花が終りました。
タネがいつごろ熟すのか観察しようと思うのですが、
結実(着果)したかどうかが判別できません。

タカネ-02
ハンショウヅルと比べると随分柱頭(雌しべ)の数が多いですね。
開花中はおしべに囲まれて見分けがつきませんでした。



タカネ-03
花弁が散ってもおしべが残っています。化粧ブラシのようですね。



タカネ-01

果たして果球になるのでしょうか。
結実していないようにも見えますが・・・。

自生地では蜂(マルハナバチのような)が舞っていましたが、
ウチには今の時期は来ませんね。(多分花の数が少ないから)


我庭のタカネハンショウヅルが咲きました。

栽培棚の支柱を離れ、アテツマンサクに登った挙句、
ローズアーチの上に出ていました。

ローズアーチはどこから来たのかいつのまにかヤマノイモの蔓に占領され、
てっぺんだけ繁りこんで今はムカゴだらけです。
その中にひっそりと・・・。

自生地を見てきたばかりです。
鉢の中におとなしく納まっているのじゃなく、
他の植物と一緒に絡まりあいながら咲いている姿が、
むしろタカネハンショウヅルには相応しいように見えて、
(自生の姿と)見劣りしない感じです。

少し高いところで咲いています。手にとって見る訳にいかないので、
下から見上げています。 なので高嶺の花です。

色合いといい、花型も、咲き方(房咲き)も実に優美ですね。

0929-01.jpg

0929-02.jpg

0929-03.jpg

0929-04.jpg